« 「論語と算盤」 | トップページ | 思いが伝わるように »

2010年7月12日 (月)

こころのアンチエイジング

友人から、「自分の型を見直すためにも」と、香港行きを誘われても、「うーん」と思っていましたが、昨日、『「うつ」からの職場復帰のポイント』(吉野聡、松崎一葉著)という本を読んでいて、急に行きたくなりました。

本で紹介されていたのは「こころのアンチエイジング」。
『多くの習慣や癖、経験によって凝り固まった認知を柔軟なものにするトレーニングを「こころのアンチエイジング」とし、そのトレーニングを推奨しているのです』(以上引用)とありました。

それは自分にも必要なことかもしれない・・・と、友人の言っていることと結びついた瞬間でした。

もう少し本から引用してみます。
『人は経験という貴重な財産を獲得することの代償として、自分のルールを作り上げてしまうものなのです。そして、人は年齢を重ねると頭が硬くなると言われていますが、その頭を柔軟にすることが、ストレス社会を上手に乗り切る一番のポイントなのです』(以上引用)

本書では、「自分のルールを破る」ことを勧められていますが、環境を変えて普段の自分を見てみるのも、意味のあることと思います。

|

« 「論語と算盤」 | トップページ | 思いが伝わるように »

読書・映画の話」カテゴリの記事