« 開店準備をするとき | トップページ | 仕事の中に人生がある »

2010年7月21日 (水)

お手伝いする立場であること

自己破産や個人再生の必要書類をお持ちいただけず、思うように進めない案件が複数あります。

しかし、今日ポツリと、「書類を集めるのが、こんなに大変だと思いませんでした」と、ご家族の方が言われた言葉に、実感がこもっていました。

我々にしたら普段見慣れている書類ばかりでも、依頼者の方にとってはそうでないことに、ふと気付かせてもらえました。

それでも、例えば保険会社等、問い合わせすべき所には電話をしてもらい、書類を集めてもらわないと進まないし、家計表を白紙で持って来られるのも困ります。

スタンスとして崩すつもりがないのは、手続をする主体はご本人さんであって、事務所側はあくまでもお手伝いする立場であること。

「払い過ぎた利息が…」「取り立てが止まる…」といった言葉が氾濫していますが、ご本人さんの意思がないと、なかなか立て直しができない現状をお伝えするのも、必要なことと思っています。

|

« 開店準備をするとき | トップページ | 仕事の中に人生がある »

司法書士の日常」カテゴリの記事