« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

ホリエモンの小説

「拝金」(堀江貴文著)を読みました。
ビジネス書ではなく、書き下ろしの小説です。

ゲームセンター通いの若者がビジネスを始め、プロ野球球団、ラジオ局の買収から、逮捕され、拘置所での様子まで。

どこまでが実話なのかな・・・と思いつつ、逮捕される前は「もうその辺で止めておけ」と思いながら読んでいましたが、あとがきによると、「宝探しの気分で」(本書の表現のまま)読めるよう、あえて本当の話とそうでない話を散りばめて書かれているようです。

ただ、新聞が読者から購読料ではなく、広告代で成り立っている仕組み等、勉強になったこともあります(私が知らなかっただけかもしれませんが)。

登場人物の何気ない会話の中にも、筆者の主張が含まれているように感じて、実際の話だからこそ、人の「欲」とか、「お金」という部分について、考えさせてもらえる本です。

|

2010年7月30日 (金)

「フラット35S」の11年後

今日はMPの勉強会。
テーマは、「フラット35S」について。

「フラット35S」は、フラット35の金利から、当初10年間、年1%金利引き下げになる制度で、7月13日の日経新聞にも、「長期固定住宅ローン フラット35利用急増」の記事がありました。4月~6月の前年比で、2.7倍の伸びだそうです。

一定の基準があるため、使いづらいのかという印象もありましたが、「中古住宅は、浴室や階段に手すりが設置されていることで、バリアフリー性の要件を満たせる」という話は大きな発見でした。

また、講師の先生から、「フラット35Sは景気対策」という話がありました。

過去に設定された抵当権で、「但し、平成21年○月から、年4.00%」という登記簿の記載を見ることも多いですが、「いずれまた破綻が増えることになりますよ・・・」と、今から言われている方もいらっしゃいます。

|

2010年7月29日 (木)

全ての出来事は必然

ある人と、「全ての出来事は必然」と話していました。
よく本にも書いてあることですし、私自身も、今までを振り返るとそう思います。

その時は悪い事が起きたと思っても、後で考えると「あの時の経験のおかげで」と思うこともよくありますし、その時は被害者のように感じていても、よくよく考えてみると、自分が悪かったと思うこともあります。

いずれにしても、悪い出来事にも、「どんな意味があるのかな」と考えるようにすると、自分の行いを修正できる機会も作れます。

一方、悪いサインに気付けず、自分の行動を変えずにいると、余計に悪い結果になって自分に跳ね返ってくるものだと思います。

|

2010年7月28日 (水)

追ってもらっているうちが

昨日の書き込みで、ブログの記事数が1,900件になりました。
とりあえずの目標にしていた2,000件まで、あと100です。

さて、今日は5時間くらい外を出歩き、明日も同じくらい外出です。
ついでに、来月に予定しているゴルフのためにと、平日では珍しく、家まで歩いて帰ってきました(続けないと意味がないですが)。

目指すものがあると自分の中で強制力が働き、それに向けての準備をしなければという意識が働くもの。

仕事でも、「調べないと分からない」「考えないと答えがでない」といった案件にたくさん追ってもらっているうちが花だと思います。

|

2010年7月27日 (火)

税金の滞納

不動産売買の場で、差押を入れていた役所の担当の方とお話ししていたのですが、固定資産税の滞納は、個人の方だけでなく、不動産のオーナーさんも増えているとか。

借入金の負担もある中、空室が増えていて家賃収入でペイできない…という構図だそうです。

苦しくなると、ついつい後回しになるものかもしれません。

個人の方でも、法的整理に至る時点で、公租公課の滞納が100万円を超えていることも少なくないですが、本当に支払えないと思える事情があることもあれば、滞納が始まる時点で取れるべき対応を取れるか…というのも分かれ目のように思います。

|

2010年7月26日 (月)

相手にしないやり返さない

法律に関する相談であるはずが、実は感情の問題であると感じたりします。

なので、「法律ではこうです」とご説明した時、理解してもらえることもあれば、気持ちの面で納得してもらえない、といったこともありえます。時には、「それ(法的な考え方)はおかしい」と反応されることもあります。

今日は、「感情でいくと、向こうも感情で来られるでしょうから、余計にややこしくならないですか?」とお伝えしました。

依頼者の方が感情的になられていると感じた時、お聞きするところまではお付き合いしても、言われていることが理解できたとしても、「一緒にやっつけましょう」「痛い目に遭わせましょう」ではなく、こちらは逆に冷静でいなければと思います。

時には、「相手にしない」「やり返さない」といった選択も必要ではないか、と、私自身は考えています。

|

2010年7月24日 (土)

「医師と経営コンサルタント」

「退散せよ!エセコンサルタント」(船井幸雄著)。

船井さんが病気になられ、多くの医師と接した経験から、「医師と経営コンサルタント」いう視点から書かれています。全然違う職業であるようで、根本は共通していることが分かります。また、それは司法書士にも通じることであることにも気付きます。

顧客の期待に応えるためには、圧倒的な経験が必要であること。
そのためには、「学びながら寸暇を惜しんで働き続ける以外に確実な道はない」(本書の表現のまま)こと。

相手がやりたくないことを強要しても、効果が出ない。
納得してもらうためにも、経験や人間性が必要になること、といったことが書かれています。

また、今の社会に必要なこと(欠けていること)として、「働くこと」の大切さについても強調されています。

|

2010年7月23日 (金)

120歳まで保管

今日は、公証役場で、公正証書遺言作成手続の立ち合い。

ご夫婦が同時に遺言書を作られるケースでしたが、ご主人についての内容確認作業の際には、奥様は退席。奥様の作業の際には、入れ替わり、ご主人が退席されて手続がなされます。

ちなみに、ネット上でいろいろと書かれていますが、堺の公証役場では、遺言者が120歳になられるまで、遺言書の原本が役場で保管されるとのことです。

「今の日本の最高齢の方が…」と説明していただくのもいつも同じで、分かりやすいです。

あと、先日、売買の決済の場で、火災保険の解約のことと共に、「住宅金融支援機構の住宅ローンを全額返済した時、団信の掛金はどうなるの?」という話になっていました。

「確か返戻金はなかったと思いますけど…」と、中途半端なお答えしかできませんでしたが、住宅金融支援機構のサイトで、それで合っていたことを確認しました。

|

2010年7月22日 (木)

仕事の中に人生がある

昨日発表だったことも忘れていましたが、今日思い出してネットで確認すると、先月に受けたCFP試験(相続)、合格していました。まだ1科目だけなので、あと5科目残っているのですが、少しうれしい瞬間でした。

さて、今日は会社のお客さんのところで、いいお話を聞いてきました。

「昔は、会社が人生そのものだった」と。
「そう思ってやっていたから、みんなやる気があったし、その分みんなの給料もよかった」と。

少し前に受けたセミナーでも、同じようなことを聞きました。
「人生の中に仕事がある」のか、「仕事の中に人生がある」のか。

言葉にすると分かりづらいですが、円を書いて図にしてみると、その違いが分かります。

|

2010年7月21日 (水)

お手伝いする立場であること

自己破産や個人再生の必要書類をお持ちいただけず、思うように進めない案件が複数あります。

しかし、今日ポツリと、「書類を集めるのが、こんなに大変だと思いませんでした」と、ご家族の方が言われた言葉に、実感がこもっていました。

我々にしたら普段見慣れている書類ばかりでも、依頼者の方にとってはそうでないことに、ふと気付かせてもらえました。

それでも、例えば保険会社等、問い合わせすべき所には電話をしてもらい、書類を集めてもらわないと進まないし、家計表を白紙で持って来られるのも困ります。

スタンスとして崩すつもりがないのは、手続をする主体はご本人さんであって、事務所側はあくまでもお手伝いする立場であること。

「払い過ぎた利息が…」「取り立てが止まる…」といった言葉が氾濫していますが、ご本人さんの意思がないと、なかなか立て直しができない現状をお伝えするのも、必要なことと思っています。

|

2010年7月20日 (火)

開店準備をするとき

昨日、テレビ大阪で不定期にやっている「開店!ドリームショップ」という番組を見ていました。

新しく店を作る人が、店舗を探したり、融資の手続きをしたり、内装工事屋さんと打ち合わせをしながら開業準備をしていく姿を番組が追っているのですが、ついつい「この場所はよくないのでは?」「ここをこうしたほうが」「このバイトの人は仕事ができそう」といった目で見てしまいます。

特に、多額の借入をして、手元資金が乏しくなるまで設備資金につぎ込んでしまうのは、私ならできないですね・・・。

最初は背伸びせず、小さな店でいいじゃない。
その代わり、駅前で人が通る場所であることが絶対条件。

私はそうやってスタートしました。

|

2010年7月19日 (月)

みのお山荘 風の杜

Image800_2

箕面市にある、「みのお山荘 風の杜」に行ってきました。

自宅から車で1時間の距離ですが、大阪府を見下ろす山の斜面に建てられているため、別世界に来たような感じです。

景色が開けていて、生駒の山頂から、伊丹空港を離着陸する飛行機。
遠くに梅田のビル群、湾岸線の鉄橋や南港のコスモタワーも見えます。

夜景もきれいでした。

部屋でのお茶出し等、余分なサービスはカットされていて、その分価格はリーズナブル。ちょっと休みに来るには、ちょうどいいところです。

|

2010年7月18日 (日)

「加賀屋のこころ」②

昨日に続いて、「加賀屋のこころ」(細井勝著)を読んで、です。

温泉旅館が経営難に陥っていたり、買収されて違う形態で営業をはじめる話は、よく見聞きします。

本書では、「その悲劇は、きちんとした将来の青写真を描こうとせず、経営再建の手だてを講じないまま、手をこまねいてきた経営者たちの悔やんでも悔やみきれない怠慢がもたらしたと言わざるをえない」(以上引用です)とあります。

加賀屋が、宿泊施設に関するコンサルタント会社を持たれていることは知りませんでしたが、外部の施設をコンサルする中で加賀屋の人が感じるギャップや、担当者が語る「旅館をだめにする経営者像」を読むと、「組織の力」の違いの本質的な部分が見えてきそうです。

加賀屋で常務取締役を勤めた後、町長になった方は、行政にもサービス業の精神を持ち込んだとのこと。それも、あるべき姿だと感じました。

|

2010年7月17日 (土)

「加賀屋のこころ」

「加賀屋のこころ」(細井勝著)を読みました。
サブタイトルには、「人間大事の経営とは」とあります。

和倉温泉にある「加賀屋」は、私自身、結婚一周年の記念旅行に選んだ旅館です。

本書では、たくさんのエピソードを紹介しながら、様々な立場、角度から加賀屋を取り上げられていて、さらに魅力がある場所として伝わってきます。

特に、平成19年の能登半島地震のことは、当日の出来事、営業停止から再開に至るまで、細かく記されています。

営業損失だけで9億5,000万円という数字は驚きですが、従業員の中には解雇の不安もあったという中、「すべての社員を守り抜く」と会長が言われたシーンには、感じるものがありました。

ただ、その中でも、厳しい環境に退職する人がいる現実。休業中に研修に力を入れられたり、「日本一」の名前にあぐらをかかないようにと教育されている姿勢は、見逃してはならない部分だと思います。

|

2010年7月16日 (金)

従業員の借金問題

会社のお客さんの所に訪問し、本題はすぐに終了。
電車の中の広告の話から、従業員の方のギャンブル、借金の話(個別の方のことではなく、一般的な話)になりました。

雇用される側にとっても大きなことで、例えば、「使い込み」といった極端な形で表に出ることもあれば、目に見えない仕事のミスや効率の低下、ということも含めると、様々な事故につながるテーマです。

そうなる前に防止しないといけないですが、私生活のことはなかなか見えにくいのと、上に立つ方のとらえ方にもよるので、なかなか難しい問題だと思います。

|

2010年7月15日 (木)

未登記建物の名義変更

今日は、病院まで出向き、委任状にサインをいただいてきました。
ご家族を経由して相続登記の依頼があったケースですが、やはり「お会いさせていただかないと」とお願いして。

以前、ご家族から、贈与の登記の依頼があったケースで、同様に病院までお会いしに行ったことがありましたが、ご本人さんからは、はっきりとした意思表示がありませんでした。

結果的に、その数日後にお亡くなりになられましたので、あの時ストップをかけていてよかったと、ずっと心に残っている事例です。

ところで、今回の相続財産の中には、未登記の建物もあったのですが、先代の相続の際、役所に名義変更届が出されておらず、まだ先代名義のままになっていました。

結果的に、当時の相続人(今回の被相続人)が1名であったため、大きな問題にはなりませんでしたが、司法書士としては、「登記に関係がないから」というわけにはいかない部分だと思います。

|

2010年7月14日 (水)

「何となく」の感じ

先日、はじめてお越しになられた相談者の方が、「こないだ電話で対応してくれた女性の事務員さん、感じよかったですね」と言って下さいました。

本人は不在の場だったので、後でちゃんと伝えさせてもらいましたが、そんなお言葉をいただくと逆に気が引き締まるというか、意識の持ち方が違ってくるもの。

「何となく」の感じの違いが、結果として大きな違いになってくると思うので、気を配らないといけない部分のひとつです。

自分が消費者としてサービスを受ける側に立つと、余計にそう思います。

|

2010年7月13日 (火)

思いが伝わるように

自宅の寝室に、内窓「インプラス」を付ける工事をしてもらいました。

最近、睡眠の質が落ちていることを実感しているので、夏は暑く、冬は寒い部屋を変えれないかと考えて・・・。

効果がどうかはこれからですが、リフォーム屋さんにお願いした後、家電量販店のエアコン売り場に同じ商品の案内が置いてあるのを見て、これからより普及していくのかも、と感じました。

さて、今日は、遺言書を作成するため、依頼者のご自宅まで訪問してきました。

「思い」をたくさんお聞きしましたが、どこまで内容に盛り込むべきか。
もう一度、打ち合わせをさせていただこうと思います。

|

2010年7月12日 (月)

こころのアンチエイジング

友人から、「自分の型を見直すためにも」と、香港行きを誘われても、「うーん」と思っていましたが、昨日、『「うつ」からの職場復帰のポイント』(吉野聡、松崎一葉著)という本を読んでいて、急に行きたくなりました。

本で紹介されていたのは「こころのアンチエイジング」。
『多くの習慣や癖、経験によって凝り固まった認知を柔軟なものにするトレーニングを「こころのアンチエイジング」とし、そのトレーニングを推奨しているのです』(以上引用)とありました。

それは自分にも必要なことかもしれない・・・と、友人の言っていることと結びついた瞬間でした。

もう少し本から引用してみます。
『人は経験という貴重な財産を獲得することの代償として、自分のルールを作り上げてしまうものなのです。そして、人は年齢を重ねると頭が硬くなると言われていますが、その頭を柔軟にすることが、ストレス社会を上手に乗り切る一番のポイントなのです』(以上引用)

本書では、「自分のルールを破る」ことを勧められていますが、環境を変えて普段の自分を見てみるのも、意味のあることと思います。

|

2010年7月11日 (日)

「論語と算盤」

『渋沢栄一の「士魂商才」』(寺島実郎監修)を読みました。

ビジネスの中で生じる暴走を、どうすれば防げるのか。

実際には、何らかの問題が生じた際、事後的に「規制」をされたり、場合によっては刑事事件になることの繰り返しのように思いますが、「法律や人為的な規制では、そうした欲の増殖を抑えることに限界があるということも、見抜いていました」(以上引用です)と本書にはあります。

その中で、渋沢さんがビジネスの世界をコントロールしようとした「人類に普遍的なルールである道徳倫理」(本書の表現のまま)について、書かれています。

「バブルは必ず崩壊する」「世の中には順境も逆境もない」「得意の絶頂におる時がきわめて危険」「一時の成敗は長い人生、価値の多い生涯における泡沫のごとき」(以上いずれも本書の表現のまま)等、明治時代の人が残してくれた考え方には、今にも通じる「ここから離れたら間違うよ」という基準を教えてくれているように思います。

定期的に、繰り返し読みたい本です。

|

2010年7月10日 (土)

消費税の議論は?

明日は参議院議員選挙の投票日。
しかし、民主党が大勝した去年の衆議院選挙の時と違い、もうひとつ関心を持つことができていません。

去年の選挙翌日のブログには、「高速道路の無料化、子ども手当、派遣の禁止、本当にやってしまうのか。」と書いていました。

マニフェストが大事だとしても、民主党の公約が優れていたから票が集まったわけではなくて、「自民党はもうダメ」という感覚の裏返しに、民主党が選ばれていた部分が大きいのではないかと、今でも思っています。

なので、実際に政策を実行されようとするたび、それで大丈夫なんだろうか?という感覚に陥ります(あくまでも私の感覚です)。

今回、消費税を上げることが本当に必要であると考えたのであれば、民主党には徹底して主張して欲しかったです。

|

2010年7月 8日 (木)

自分の言葉で話す機会

今日は、空き時間を使って、事務所の中で勉強会。
予め作っておいた事例を元に、お客さん役になった私が質問を投げかけて、答えてみてもらいました。

意地悪して、変な聞き方をしたりもしましたが、実際の相談者からの質問も、どんな角度から飛んでくるか分かりません。

机上の知識ではなくて、個々の事例に当てはめて、いつでも必要な引き出しの取り出しができるように。

そのためには、自分の言葉で話してもらう機会も必要だと思うので、時にはお客さん役を入れ替わりながら、定期的に続けていきたいと思います。

|

2010年7月 7日 (水)

思い違い行き違い

少し前に、他士業の先生をご紹介した方から、「電話待っているんだけど…」とお叱りの電話。「いやいや、○○さんから電話して下さい、と言いましたよ」と私。

時と場合によることもありますが、私自身は、逆になってはいけない(先生から電話をさせてはいけない)と思っている部分です。

いずれにしても、思い違いというのは、避けないといけなかったです。

ところが、ある程度、情報を共有しているはずの事務所の中で、言葉に出して言ったつもりでも、思い違い、行き違いが生じてしまうことがあります。

|

2010年7月 5日 (月)

複数の手段がある中で

今日は、贈与のご相談が複数です。
相続時精算課税制度を使ったり、2,000万円の配偶者控除を使ったり。

ところが、贈与税は掛からなくても、登録免許税や不動産取得税を計算すると、結構まとまった金額になることもあります。税理士さん経由のご依頼であれば、私が踏み込んでお聞きする必要はないのですが、まずは、「贈与するほうがいいのかどうか」といった部分から考えてもらえるようにしています。

訴訟関係のご相談もありました。
依頼者の方が考えられていた方法よりも、違う方法がいいと思いましたので、その理由も添えてお伝えしました。

目的はひとつでも、手段はいろいろとあることがあります。

|

2010年7月 4日 (日)

後になって分かること

「心の野球 超効率的努力のススメ」(桑田真澄著)を読みました。

桑田さんの本のことは今までも書いてきましたが、「人生は自分の目で見て、触れてみて、体験し、自分なりに咀嚼すること。これに尽きる」(以上引用)とあるとおり、全て実体験に基づく話であって、それが並の人以上の体験に基づくものなので、言われていることに説得力があります。

一人のファンとして、知りたかったことも書かれていましたし、私の仕事の中でも大事だと思えること、自分の生活にも通じることが、多々あるように思いました。

指導者についての問題提起にも、共感。

もし、私が少年野球をしていた時に、この本に書かれていたことを知っていたら、その後の行動も少しは違っていたのではないかと思いますが、子供には分からないことが多いです。ここでも、実際にご自身が指導をされているからこそ、また伝わってくるものがあります。

|

2010年7月 3日 (土)

5つ星のマンゴー

Image795_7

タイの親戚から届いたマンゴー。

貼られていた「FIVESTAR MANGO」というシールには、☆が5つ付いていました。

見るからにおいしそうな色合い。ちょうど食べ頃で、おいしかったです。

事務所のみんなにも分けて、持ち帰ってもらっていますが、「去年いただいた分も、めっちゃおいしかった」と言っておりました。
ありがとうございます。

スーパーで見かけて「食べたい」と思っても、値段を見ると手が出なくて、自分で買って食べたことはないかもしれません。

|

2010年7月 2日 (金)

昇給試験も兼ねて

FP資格を持っていないメンバーにも、2級FPの「相続」の分野を勉強してもらって、今日は事務所内で試験をしました。昇給試験を兼ねてのイベントです。

本来は自主的に取り組んでもらうのが一番ですが、勤務時間外の勉強を強制するわけにはいかないので、最低限の勉強時間は、順番に休みを取ってもらって確保してもらいました。

結果が出るならば、「休みを取った時間は別に何をしていても構わない」という前提でです。

私に付き合わされて迷惑だったでしょうけど(逆に、今回のイベントを決めたことで、私自身がCFP試験から逃げれなくなった、という面もあります)、職業として対価を得ていく上で、業務に関する絶対的な知識が必要なのは、資格者でない事務員さんも同じ。

結果を出してもらえたし、私の意図していた方向にも向かえた気もするので、企画としては「成功」だったと思っています。

|

2010年7月 1日 (木)

最悪のケースを想定して

多分、そのようなことにはならないとしても、もしかしたらそうなるかもしれない。依頼者の方と、万が一の出来事も考えて、打ち合わせしていました。

「考えておきましょう」と依頼者の方に言ってもらえると、私もやりがいを感じます。

仕事の中でも、日常生活の中でも、「こんなはずではなかったのに…」という場面に出くわすことはあります。ところが、客観的に見れば、その多くは充分起こりうることだったりします。

業務の中で見聞きする多くのトラブルについて、事後的に考えてみると、余計にそう思います。

最悪のケースを想定して、対策を取っておく。
言葉で言えば簡単なことも、なかなかできないことでもあります。

|

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »