« インビジブル・ファミリー | トップページ | ビルの中にある銀行 »

2010年6月27日 (日)

「残念な人の思考法」

「残念な人の思考法」(山崎将志著)を読みました。

話がいろいろと飛んでいて、著者の言いたい事が伝わりにくい面もありますが、ひとつひとつは参考になる話です。

『「システムを作るときの検討に加わったメンバー」と、「単に新しくできたシステムを使う人」との間には知識レベルに相当のギャップが生じる』(以上引用です)という部分は、私の事務所の中にも当てはまること。

みんなが考えて、システムを変えていける立場に身を置いてもらわないと、差が生まれてしまいます。

残念なパスタ屋さん、商店街の話には、なるほど・・・と。
ちょっと間違えると、自分もそういう身に陥ると思います。

話は飛んで、「ペットボトルは本当に再利用しなければならないか」「マイ割り箸は、環境には逆にマイナスなのではないか」という話は、気になるところです。

|

« インビジブル・ファミリー | トップページ | ビルの中にある銀行 »

読書・映画の話」カテゴリの記事

急成長できなくても大きくなれなくてもいい(2021.02.21)
ドラマ「知ってるワイフ」(韓国版)(2021.02.07)
ドラマ「知ってるワイフ」(2021.01.31)
「新型コロナからいのちを守れ!」(西浦博著)(2021.01.09)
『鍵泥棒のメソッド』と『半沢直樹』(2020.09.20)