« ルールのないことが | トップページ | 大きな波と小さな波 »

2010年3月31日 (水)

逆に進んでいるのでは

堺市の広報誌をパラパラとめくっていると、「始まりました子ども手当制度」の文字。
とうとう現実にスタートしてしまうんだなぁ…と。

郵貯の限度額引き上げの話は、どうも理解ができなかったのですが、「選挙」とつなげて書かれた記事を見ると、力を持たす人を間違えてしまったような気がしてならないです。

「勝間&小宮のエコノトーク」(勝間和代、小宮一慶著)では、経済の観点から、民主党の政治のことも、分かりやすく議論されています。もやもやした部分を、すっきりさせてくれる話もありました。

自分が生活する国ですから、他人事ではいけないのですが、「この制度をこうしたら、何がどう変わるか」「これは逆の方向に進んでいるのではないのか?」と、いろいろと考えてみれるいい機会、とも思います。

|

« ルールのないことが | トップページ | 大きな波と小さな波 »

世の中の話」カテゴリの記事