« 成長を追い求めて | トップページ | 勉強できるのは幸せ »

2010年2月28日 (日)

法則にはまらないために

『どんな時代もサバイバルする人の「時間力」養成講座』(小宮一慶著)。

「時間力」という言葉から、時間のやり繰り、優先順位、スケジュール管理の方法を書かれた本かなと思って読み始めましたが、「インプット」「アウトプット」という言葉をキーワードに、物事の考え方、日常の過ごし方、仕事への心構えなんかが書かれています。

「限られた時間の中で、多くの仕事を、完璧に仕上げて欲しい」と願いつつ、なかなか達成してもらうのが難しい私の事務所でも、みんなで考えてみたい、と思うことがいろいろ書かれています。

ところで、パーキンソンの法則のことを、今まで「支出の額は、収入の額に達するまで膨張する」だと理解していましたが、それは第二法則。

第一法則は、本書でも書かれていた「仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する」だということを、恥ずかしながら知りませんでした。

|

« 成長を追い求めて | トップページ | 勉強できるのは幸せ »

読書・映画の話」カテゴリの記事