« 手帳に貼られていた言葉 | トップページ | やりかけては止め »

2010年2月 9日 (火)

その時は消滅しても

会社設立の準備を進めていた件、もろもろの事情を考慮して、「設立しないで解決できる方法はないものか」とご提案する方向に。

設立を止めるということは、「あなたの仕事が無くなるということやで」と言われましたが、それは依頼者の利益を優先。その時の仕事は消滅するとしても、また別の形で仕事を言っていただけます。

別件では、債務整理をしようかどうしようか、とご相談。

損得で考えると、したほうが有利なのは明らかだと思いますが、毎月の返済ができている状況で、今、私のひと声でカードを使えなくしてしまうことを望んでおられるのかどうか。

とりあえず、利息制限法を超えていた可能性があるカードについて、ご自分で取引履歴の開示請求をしていただくことにして、ご家族で改めて考えていただくことにしました。

|

« 手帳に貼られていた言葉 | トップページ | やりかけては止め »

司法書士の日常」カテゴリの記事