« 「原因」の「そのまた原因」 | トップページ | 論文添削のアルバイト »

2010年1月31日 (日)

「売上が50%ダウンしても・・・」

「売上が50%ダウンしてもお金が残る経営」(池永章著)。

売上が落ちた時に、切り抜ける方法が書かれた本なのかな(それは難しいこと)と思って読み始めましたが、リスケのことや、社員に辞めてもらう時のことが書かれているにしても、売上が落ちる前に読んでおく本。

実際のところ、落ちてしまうと考える余裕がなくなるし、取れる選択肢も少なくなります。
また、脱出するために動こうとすると、余計に悪い方向に進んでしまう、ということもありえます。

本書には、経営者の心構え、戦略的なことから、「合法的簿外内部留保」と表現されている倒産防止共済のこと、コピー用紙と人件費コスト対比から、決算書の中身のことのことまで、いろいろな内容が詰め込まれています。

結局のところ、売上が落ちた時のことは、売上がいい時の行いに左右される、ということになるのだと思います。

|

« 「原因」の「そのまた原因」 | トップページ | 論文添削のアルバイト »

読書・映画の話」カテゴリの記事