« 暴露本のようであり・・・ | トップページ | 電話から伝わる印象 »

2010年1月24日 (日)

住宅担保型カードローン

ある銀行の、住宅担保型のカードローンの広告が入っていました。
返済負担率の制限はありますが、限度額は100万円から1000万円まで。

サービス提供する側としては、保証会社と担保付であればリスクは少ないし、ニーズを埋める商品かもしれませんが、私の立場からすると、危険かもなぁ・・・と感じます。

銀行なので、貸金業法の総量規制は関係なし。
最初に借りて返すだけのおまとめローンと違い、返してもまた借りれるカードローンであれば、いつまで経っても残高が減らない、ことになる人も少なくないと思います。

今でも不動産担保での借入があれば、解決策が限られてきますが、「返せなくなれば自宅を失う」リスクを借り手がどこまで理解できているか・・・。

いずれまた問題が大きくなることがあれば「規制」ということになるのかもしれませんが、そもそも今回の法改正の内容がどうなのか、という部分があります。

|

« 暴露本のようであり・・・ | トップページ | 電話から伝わる印象 »

お金の話」カテゴリの記事