« 電話から伝わる印象 | トップページ | 閉じ込められる恐怖 »

2010年1月26日 (火)

前提を崩しておく

他士業の先生と、ある分野の隠れたニーズのことを話していました。

でも、もしみんなが収益を上げれるようになれば、また電車の中に広告が並ぶようなことになるので、どうすればそういう方向に向かわなくて済むか。

新聞を見ると、「労使交渉」「定期昇給」「攻防」という文字が出ています。

私の立場からすると、雇用を維持してもらえること自体がありがたいことのように思いますが、いずれにしても、将来のキャッシュフローを考える上で、「毎年収入が増える」という前提では考えないほうがいいし、退職金で住宅ローンを返す(→退職金がないと返せない)という計画は、なおさら危険なことのように思います。

|

« 電話から伝わる印象 | トップページ | 閉じ込められる恐怖 »

司法書士の日常」カテゴリの記事