« 早足で進む | トップページ | 「原因」の「そのまた原因」 »

2010年1月29日 (金)

指揮官の意図

ある案件で、依頼者の方から「A」という方法で指示をいただいていました。

私の事務所から見ると、「B」の方法のほうがリスクが少ないと思ったので、「B」はどうですか?と尋ねたところ、あえて「A」を指示されていた理由が分かりました。

ひと言で「納得」なのですが、でも、指示をもらう側は目の前のことしか見えないので、そこまで頭が回らないんですね・・・。

私の事務所内でも同じことが言えます。

私が私の指示の「意図」を伝えないと、その指示が何を意味しているのか、私が頭の中で組み立てていることが伝わるわけもない。実際に、私の話は足りていないと思います。

でも、「なぜ」そうするのか、という意図を分かってしてもらえるのか、分からずに心の中で首をかしげながらしてもらうのか、積み重なると組織の力としては大きな違いが出てくると感じます。

|

« 早足で進む | トップページ | 「原因」の「そのまた原因」 »

司法書士の日常」カテゴリの記事