« ワンマンの結果は | トップページ | 断定的な表現は »

2009年11月11日 (水)

政治と株価の動き

昨日の日経新聞、「十字路」の記事から引用です。

「外国人投資家の動向から目が離せなくなった。彼らは小泉改革を高く評価し、同政権時に30兆円を超す日本株を買い越した。彼らが改革路線から距離を置く鳩山政権に失望し日本株を本格的に売り始めたら、日本経済が受ける被害は甚大だ。株価が下落し、それが設備投資と個人消費にもろに悪影響を与えるからだ」(以上引用です)

先日、外国に住む日本人の方から、日本がいかにおかしな国に見られているか?というお話をお聞きしました。

政治家の人が、一見正しいと思える発言をしたり、政策を進めようとした時に、株価がどんな反応をしているか。

株価の動きが全てだと思いませんが、株価が落ち込むとどんな支障が出るか?という部分から、政治を眺める視点がもっとあってもいいように思います。

|

« ワンマンの結果は | トップページ | 断定的な表現は »

世の中の話」カテゴリの記事

責任者として守るべき存在がある(2021.04.10)
下の人は意外な程見ているもの(2021.01.16)
新型コロナウイルス素人の雑感13(2020.12.27)
新型コロナウイルス素人の雑感12(2020.11.29)
新型コロナウイルス素人の雑感11(2020.11.21)