« 行き先を見てもらうこと | トップページ | 転換点 »

2009年10月22日 (木)

経理がルーズになると

司法書士と弁護士の申告漏れが、かなりの人数になっているようですが、「過払い金の報酬」と特定されて報道されると、見られ方がまた違ってくる気がします。

私の事務所にも調査が入りましたが、何もなしでした。

経理をメインにしている担当者が、通帳と弥生会計、エクセルで作った依頼者ごとの預り金の集計表で管理してくれているのでよかったですが(1円でも合わないと、合うまで原因を突き止めようとします)、私一人で管理していたら、きっとルーズになっていただろうと思います。

税務調査をきっかけに、私が持つ事務所の現金の割合も減らしました。
手持ちが少なくなると、「ちょうだい」と言って受け取ります(預かります?)が、そのほうが間違いは起こらないですね。

法律の試験を通って司法書士になれたわけですが、経理のことは素人。
それは、どの事業者にも当てはまることですが、気を抜くと「面倒くさいから後回し」となるのは、ありがちなことだと思います(所得隠しの話ではなく、経理の処理がルーズになることについて)。

|

« 行き先を見てもらうこと | トップページ | 転換点 »

お金の話」カテゴリの記事