« 還付金の代理人受領 | トップページ | 信用情報に携帯会社が・・・ »

2009年10月27日 (火)

住宅ローン返済の相談

返済猶予法案がどうなるのか分かりませんが、金融機関が自主的に相談に乗る体制を整えていることが、新聞にも出ています。

返済が難しい状況にある方は、まずは金融機関に相談してみられるのも選択肢です。

最近事務所で相談を受けた方でも、直接窓口に出向いてもらって、1年間だけ返済額を減らしてもらえた例がありますが、どこの銀行がどんな場合に、どんな対応をしてもらえるのか、というところまでは分かりません。

債務整理を抜きにしても、お手伝いできるようにしたいと考えています。

ただ問題は、一時返済の猶予をしてもらえても、元金は減りませんし、逆に金利がかさむと、トータルの返済額は増えてしまうことです。

すでに最終の返済時期が60歳を超えた状態で組まれていることも多くて、将来の負担増も踏まえて、考えないといけない問題だと思います。

|

« 還付金の代理人受領 | トップページ | 信用情報に携帯会社が・・・ »

お金の話」カテゴリの記事