« 転換点 | トップページ | 映画「沈まぬ太陽」 »

2009年10月24日 (土)

税務調査の話

一昨日書いた所得隠し、申告漏れの話の続きです。

自分のところが何もなかったから関係がないということではなくて、単なる知識の不足や見解の相違ということもありますので、他人事ではありません。

私の事務所でも、過払いの成功報酬に関する売上計上時期については、税務署内でも議論があったようです。

和解成立時に権利が確定したと考えるか、入金があるまで権利が確定しないと考えるか。和解成立時に確定と考えると、一旦未収金で上げて、入金があった時に未集金を減らす、という処理が必要になります。

着手金については判例もあるようですが、「着手金不要」なのに「分割払いでOK」という広告を見ると、どんな処理がなされてるんだろう?と思います。

回収不能で損金で落とす時の処理等、いろいろと論点はあって、真面目にやってるから、税理士さんに見てもらってるから絶対に大丈夫、ということでもない問題だと思います(税理士さんによっても考え方が違いますし)。

|

« 転換点 | トップページ | 映画「沈まぬ太陽」 »

お金の話」カテゴリの記事

「NISA」や「iDeCo」に投資信託など(2021.03.27)
不動産の価格にコロナは関係なし?(2021.03.14)
「ヴェリテ三国ヶ丘」(2020.10.24)
「住宅ローン完済時年齢上昇」の記事(2020.10.05)
老後のお金を自分の思うように使えるか(2020.09.13)