« 「30年」の長期投資 | トップページ | 1時間待ち »

2009年9月24日 (木)

「イチロー論」を読んで

「イチロー論」(張本勲著)が届いたので、さっさと昼ごはんを終わらせて、本を開きました。「一流とはなにか プロフェッショナルとはなにか」というサブタイトルに、とても楽しみにしていました。

イチロー選手が小学校3年から6年間、毎日バッティングセンターに通っていたので、お父さんが1か月4~5万円を投資したことになる、という話が出ていますが、これはまさしく昨日書いた「30年投資」に通じる話だよなと思いました。

張本さんの現役時代の話は、私の年代には分かりづらいですが、

『自分と他人を比較しているうちは、一流ではない』
『人生は不条理であるということを意識出来るだけでも、必死になってがんばれるはずだ』
『こんなに「一所懸命にやっているのに、誰も評価してくれない」などという輩は、私から見れば、言語道断である』(以上いずれも本書の表現のまま)

具体的な選手の名前も出しながら、プロの選手に対してそこまでのことを言えるのは、やっぱりそれだけの道をくぐり抜けてこられたからこそ、なのだと思います。

|

« 「30年」の長期投資 | トップページ | 1時間待ち »

読書・映画の話」カテゴリの記事

急成長できなくても大きくなれなくてもいい(2021.02.21)
ドラマ「知ってるワイフ」(韓国版)(2021.02.07)
ドラマ「知ってるワイフ」(2021.01.31)
「新型コロナからいのちを守れ!」(西浦博著)(2021.01.09)
『鍵泥棒のメソッド』と『半沢直樹』(2020.09.20)