« 今日は静かでした | トップページ | 得かどうかの感覚は »

2009年8月 8日 (土)

真の達成感や充実感は…

「あたりまえだけどなかなかできない 33歳からのルール」(小倉広著)を読みました。

「過去を100%肯定する」「べき論をやめよう」「残り5%に手を抜くな」「ウルトラCはない」「相手を変えようとするな」等、共感できる価値観が散りばめられていました。

また、筆者が新聞の宣伝コピーを見て、村上龍著「無趣味のすすめ」を買いに行かれたことも記されていますが、私も同じでした。

『真の達成感や充実感は、多大なコストとリスクと危機感を伴った作業の中にあり、常に失意や絶望と隣り合わせに存在している。つまり、それらはわたしたちの「仕事」の中にしかない。村上龍』(宣伝コピーより)という部分を読むと、買わずにはおれませんでした。

筆者はさらに掘り下げて、『ビジネスという最高のギャンブルに魅入られてしまったなら、他のあらゆるゲームは遊びにもならない』(33歳からのルールより引用)と書かれていますが、それでいいんだと安心しました。

|

« 今日は静かでした | トップページ | 得かどうかの感覚は »

読書・映画の話」カテゴリの記事

急成長できなくても大きくなれなくてもいい(2021.02.21)
ドラマ「知ってるワイフ」(韓国版)(2021.02.07)
ドラマ「知ってるワイフ」(2021.01.31)
「新型コロナからいのちを守れ!」(西浦博著)(2021.01.09)
『鍵泥棒のメソッド』と『半沢直樹』(2020.09.20)