« 目の前から横に | トップページ | 記念日を忘れていた »

2009年7月 4日 (土)

「まさか」のことと現実

今週のガイアの夜明けは、「雇用動乱・・・第2章」と題して、正社員のリストラの話。

番組の中で、失業した人から「まさか正社員に来るとは」という発言がありましたが、「まさか」のことを、いかに現実のことと考えておくか・・・。

それは他人事ではなく、私自身の課題でもあります。

私は会社員ではないので、どちらかというと、ヘッドハンターの人たちが番組の中で言われていた

「明日、外に出されても通用する。そういう心構えでスキルを身に付けることが必要」
「自分が今、市場でどれくらいの価値があるのか、知りながら測りながら仕事をすることが必要」

という言葉に共感しました。

ウチのスタッフは、そんな意識を持ってくれているだろうか?
しかし、私も勤めていた時期には、そういう意識は持てなかったように思います。

|

« 目の前から横に | トップページ | 記念日を忘れていた »

価値観・共感した話」カテゴリの記事

自分のやりたいことをやりたいように(2021.04.03)
経営のセンスが伝わるベッドカバー(2021.03.28)
体調管理もプロの仕事のひとつ(2021.03.21)
「成功者に共通することは・・・」(2021.03.20)
誰にもできることをやり続ける(2021.02.27)