« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

やらざるを得ない

少し落ち着いたかなと思ったら、またいろいろと新しいお話をいただき、うれしい悲鳴を上げておりますが、気を抜かせてもらえない環境には、ありがたく思っています。

やるしかない状況に追い込まれると、自分の気持ちにかかわらず、やらざるを得なくなるものですが、ブログは無理やり書いていた1週間でした。

さて、月末の金曜日なので、事務所を早く閉めて、銭湯とマッサージに。

「ここまでなるまでに来てもらえたら・・・」と、コリがひどいと言われたのですが、先週末も行っているので、5日間で「ここまで」になったことに。

|

2009年7月30日 (木)

相手方の立場

今日の裁判は、敗訴に近い和解になりました。
考えてみれば、こんな思いをするのは、久しぶりのこと。

自分がこういう立場に立ってみると、交渉の相手方を特定して、その対応のことを表立って書いたりしたらいけないよな、と思います。

さて、今日昼ご飯に入ったお店で、「この店員さんはすごい」と思って見ていたら、一緒にいた方も同じように感じていました。

食事を運んで、下げて、机を拭いて。
一人で大変なはずなのに愛想も良くて、楽しそうに仕事をされています。

こんな人と出会えたら、組織としては最高です。

|

2009年7月29日 (水)

一日バタバタ

午前中は、お客さん宅まで印鑑をいただきに。

午後からは、打ち合わせの途中でスタッフに後を任せ、裁判所へ。

朝の9時以降は、机に座っていれたのは、弁当を食べる時間も含めて、1時間程度でした。

「○○さんの裁判だけで昼から潰れたんですか?」と聞かれたので、「サボってると疑ってる?」と言い返してしまいましたが、本人訴訟になると打ち合わせに余計に時間がかかって、その分時間も使ってしまうことになります。

でも、理想的な形で解決できて、よかったです。

|

2009年7月28日 (火)

あるスーパーと同じ・・・

選挙カーから流れてきた「毎日が5%オフ!」という、あるスーパーのCMと同じような言葉に、みんな同時に笑い出しました。

消費税をなくすので毎日が5%オフということですが、所得税もゼロにしてくれるそうです。

さて、今日も一日追われて追われて、明日必要な書類のセットも、明日の朝からすることになります。

|

2009年7月27日 (月)

準備書面を書く日

今日は準備書面を書く日と決めて、朝から机の上は書類の山に。

「しゃべりかけないで」という雰囲気を発していたと思いますが、途中で他の電話が入ります。電話では普通に対応しているようでも、手元は大変なことになっています。

判例調べて書面にまとめるのは手間が掛かりますが、本来はこういうことに時間を割いてしかるべしのような気がします。

夜になって、これで一日が終わったと、さっさと留守電に切り替えると、「まだお客さんが来られるかも」の声に、ごめんなさいです。

|

2009年7月24日 (金)

危機感持てるかどうか

今日の夕刊には、経済財政白書から、「過剰雇用最多607万人」「企業内失業600万人規模」の記事。

それに対して楽観的な見方もあるみたいですが、そうは甘くはないような気がしますね・・・。

「最低賃金を1000円に」という動きもあるようですが、普通に考えたら人件費の枠は限られているはずなので、給料に見合う仕事のできない人は、ますます雇うことができなくなります。個人的には、それでいい方向に向かうとは思えないですね。

私の奥様に、「明日仕事を失うかもしれないと思う?」と聞くと、「思わない」という答えが当たり前のように返ってくるのですが、それが平均的な感覚なのかも。

私自身他人事ではないので、人に偉そうには言ってられないのですが、事務所の中でも、危機感は必要だよというメッセージは投げかけていきたいです。

|

2009年7月23日 (木)

税金の知識もないと

裁判所の1階に置いてある開廷表で、自分の法廷を確認したいのですが、小学生の子供連れのお母さんがずっとめくっておられます。

当事者らしき雰囲気ではないので、傍聴する事件を選んでおられるのかなと思っていたら、私が入った法廷におられました。

夏休みの社会勉強がてらに、子供さんにとって貴重な経験かもしれませんね。

さて、昼前に事務所に戻り、午後からは来客続きです。

不動産登記にからんで、すべきかせざるべきか、するとしてもどうすべきかというご相談を受けていると、基本的な税金の知識がないと困ることを感じます。

|

2009年7月22日 (水)

「国を支えて国を頼らず」

日経の夕刊「あすへの話題」に、「ケネディの爪垢」という記事がありました。

『かのケネディは、大統領就任演説において、「国が諸君に何が出来るのかでなく、諸君が国に何を出来るのかを考えて欲しい」と有名な至言で国民を諭した。また福沢諭吉は100年以上前に「国を支えて国を頼らず」と著している』(以上引用です)

税金、年金のことを考えても、これからますます国民の負担は増え、国を頼れなくなっていくはずですが、最近の社会の動きからすると、国民はまだ逆のことを期待しているような気がします。

国が何とかしてくれたら、それはそれで楽でいいですが、現実はそういうわけにはいきません。

そんな中、「頼るな」を越えて、「国に対して何かをする」「国を支えろ」という感覚は、私の中にもなかったものかもしれません。

|

2009年7月21日 (火)

悪循環は避けないと

車で走っている最中、前が見えないくらいの雨に。
いつもと違う場所で渋滞に遭い、その時間に車の中を整理していると、えらいことに気付きました。

さて、休みが明け、いろいろと現実の問題に向かい合わないといけないのですが、費用の未納をどうやって防いでいくか。

事務所のみんなにも、課題を共有してもらわなければなりません。

目に付くようになってきたのも、こちらに余裕がなくなってきたからかもしれませんが、委任契約時に支払方法の決め方が甘かったり、ついつい催促が後回しになったり、管理の面で反省すべき部分があります。

本当に苦しくて支払えないであろう方と、そうでないと思われる方は、だいたいは分かっていますが、ちょっと考えないといけないですね。

|

2009年7月20日 (月)

熱海の景色

熱海に行ってきました。

広い海に、海沿いと山の斜面に並ぶ建物。

昼と夜では、また全然違う姿でしたが、部分部分は有馬や白浜に似ているようで、規模も違うし、なかなか他所では見れない風景です。

のんびり温泉旅行の予定が、今朝はチェックアウトまでの時間を残して、離島の「初島」へ。

穴場だと思っていたのに、海に入る準備をした人、家族連れがいっぱいです。

あてもなくブラブラと遊歩道を歩き、日焼けで腕が赤くなりましたが、民宿と共に並ぶ定食屋さんで新鮮なお刺身をいただき、リフレッシュして戻ってきました。

|

2009年7月17日 (金)

働ける時に働けるだけ

貴重なお時間でした。

年配の社長さんから、「若い時は昼夜関係なしに本当によく働いた」というお話しを聞いて、自分もリタイアする前に、そう言えるようにならなければ、と思います。

もっと働いておけばよかった、という後悔する時が来たとしても、もう取り戻しはできないでしょうから。

でも、今までの自分はどうだっただろうか・・・。

先が見えないから頑張れない、といった類の話もあります。

確かにそうなのかな、とも思いますが、成功されている方はきっと、先が見えない中でも、できることやるべきことを精一杯されてこられていると思います。

|

2009年7月16日 (木)

それも積み重ねの結果

今日は出張して、ホテルの喫茶店にてご相談の受付。
紹介者との関係があればこそなのですが、こういう形もいいものかもしれません。

紹介者といえば、付き添いで来てくれた方が、元々の私の依頼者であることに気付けず、申し訳ない思いをすることが続いています。

道端ですれ違い際に、「こんにちは」と声を掛けられ、「うーん?」と悩んでしまうことも・・・。

さて、高校野球の予選の結果を見て、自分のいた高校が、私学の強豪校に勝っていることを確認。

新聞の記事には、強豪校が一時期練習できなかった外的な要因も書かれていますが、それはそれとして、普段の練習の積み重ねの結果なのだと思います。

|

2009年7月15日 (水)

傍聴席での30分

先行事件が詰まっていて、傍聴席で30分待たされました。

そんな時間も、勉強になることがあったり情報収集にも役立っているのですが、遅いなぁ・・・という目で観察していると、原告被告から裁判官が遮らないといけないような発言があったり、終わっているのになかなか席を立たなかったり、書記官が事件番号を読み上げるタイミングが遅かったり。

いろんなことが少しずつ積み重って、後にしわ寄せが来ていることが分かります。

自分自身原告席に座っていると、傍聴席のことは不思議と見えなくなりますが、他の事件を客観的に見ておくことも必要なように思います。

|

2009年7月14日 (火)

サービス業のひとつ

今日は、病院まで印鑑をもらいに伺いました。

エントランスから、広くて明るくてきれいで、病院特有の何となく嫌な雰囲気は感じませんでした。

それも偏見なのかもしれませんが、ホームページを見ても、医師の顔写真が出ていたり、患者側の気持ちや立場を考えてくれているな、ということを感じます。

今週は外での仕事が続きます。

事務所に帰ると接客が待っていて、事務仕事をする時間がなかなか作れませんが、こんな時はいつも以上に、朝の時間を大切に使うことを考えたいです。

|

2009年7月13日 (月)

仕事を作り出すことが

一気に夏の日差しになり、外に居るだけで汗が流れてきます。

そんな中、事務所の鍵を忘れて出てきたことに駅で気付き、家まで取りに戻るところから、1週間がスタートしました。

午前中は外回りが2件。
午後からは来客が7件。

うまくかぶらず、無事に終わってくれました。

ひとつ印象に残ったことですが、事業をされている方から、「仕事を作り出していくのが仕事なのに・・・」いうお話を聞きました。

私もそう考えていますが、従業員の立場の人に、そういう思考を求めるのも難しいのかな、と思います。

|

2009年7月10日 (金)

プレッシャー

ずっと神経張り詰めた一週間でした。

予定表を見ると、何してたんだろう?というくらい空白がありますが、表向きの予定の多さと、体に感じるプレッシャーは比例していないようです。

ブログもなかなか書き出せなくて、水曜日はすっ飛ばしてしまいました。

土日で机の上も頭の中も整理して、月曜日に備えるようにします。

|

2009年7月 9日 (木)

メッセージも一緒に

ボーナスの明細と一緒に、メッセージも入れました。
思いつきですが、初めての試みです。

上半分には、全員に同じ文章を。
下半分には、それぞれに違うことを書きました。

自分がもらったことがないので、受け取った側の気持ちは分かりませんが・・・。

メッセージを渡す前に、一人が「本借りて帰ります」と、事務所にある本を手にしていました。そういう行動は、まさしく私が望んでいることのひとつです。

作ろう作ろうと思いながら、人数が増えると余計に、ボーナスの客観的な基準を作らなければ、と思います。

|

2009年7月 7日 (火)

カウンターの使い道

その日に発送する郵便物は、とりあえずカウンターの上に置いておいて、出掛ける人が持って出るようにしているのですが、郵便局の方についでに持ち帰ってもらうこともあります。

今日は、郵便局の方が、本来の配達時間とは違う時間に来られ、「これ使ってください」と透明の箱を置いて帰られました。特別なサービス??

これで、持ち帰ってもらうべき郵便物がはっきりすると共に、カウンターの上もスッキリと使えそうです。

カウンターは、裏側はファイルの収納スペースなのですが、間仕切り、物置、立ち話する時の机代わり等、いろんな用途に使っています。

私の事務所がワンルームマンションだった頃は、カウンターを置かれている先生の事務所の配置を見て、「こんな事務所にしたい」と憧れでした。

今でも気に入っていて、2回目に移転した時も、形を崩さずそのまま使い続けています。

|

2009年7月 6日 (月)

記念日を忘れていた

やることいっぱいなので、いつもは箇条書きに書き出しているだけの「今日のメニュー」を、誰に何をしてもらうか、細かく区切ったものを作成です。

でも、私のやるべきことは、なかなか進みません。

昼休み、スタッフから「もうすぐここにきて5年になります」と声を掛けられ、もうそんなに経つのか・・・と。

あれは司法書士試験が終わった直後。
確か7月だったよなぁ・・・と話していると、7月1日の事務所開業7周年の通過を、すっかり忘れていたことに気付きました。

|

2009年7月 4日 (土)

「まさか」のことと現実

今週のガイアの夜明けは、「雇用動乱・・・第2章」と題して、正社員のリストラの話。

番組の中で、失業した人から「まさか正社員に来るとは」という発言がありましたが、「まさか」のことを、いかに現実のことと考えておくか・・・。

それは他人事ではなく、私自身の課題でもあります。

私は会社員ではないので、どちらかというと、ヘッドハンターの人たちが番組の中で言われていた

「明日、外に出されても通用する。そういう心構えでスキルを身に付けることが必要」
「自分が今、市場でどれくらいの価値があるのか、知りながら測りながら仕事をすることが必要」

という言葉に共感しました。

ウチのスタッフは、そんな意識を持ってくれているだろうか?
しかし、私も勤めていた時期には、そういう意識は持てなかったように思います。

|

2009年7月 3日 (金)

目の前から横に

今日は、来年のタウンページの原稿の打ち合わせに来られました。

「こう書くと反響ありますよ」と言われたことが、私が絶対に入れたくない言葉だったのですが、それは自分の中でのこだわり。

いつまでこだわってられるか、分かりませんが。

さて、新しい話もいろいろといただき、私の確認待ちの書類は、目の前のキャビネットの上から、横のキャビネットの上まで占領しはじめました。

何とかしなければ・・・という状態であります。

|

2009年7月 2日 (木)

振込手数料と食費と

依頼者の方と、どこの銀行の振込手数料がどうか?というお話をしていました。

定額制でお得な料金設定になっている銀行もあれば、条件を満たすことで、無料で送金できる銀行もあります。

思いつきでブログに小出しで書いていると、自分で確認したい時も探せなくなるので、きちんとサイトにまとめようと考えながら、なかなか進まずにいます。

別件では、毎月どうして生活費が足りないか分からない、というお話もありました。

口座から落とせるものは口座で落とす。
月初に予算を組んで、1か月間その範囲でやり繰りする習慣を付ける、とか、まずは自分なりのルールを作ることですね。

時々、「自炊するより、外食するほうが安くつく」と言われる方もいらっしゃるのですが、私の生活に当てはめると、多分ありえないです。

ルールを作るにも、自分の考えが反映されるので、やはり「考え方次第」ということになるのだと思います。

|

2009年7月 1日 (水)

今日から全面禁煙に

今日から、JR阪和線のホームも全面禁煙になりました。

煙の嫌いな私にとって、願っていたことでもありますが、タバコを吸われる方の気持ちを考えると、煙が外に漏れないスペースでの分煙を考える余地はなかったのか、とも思います。コストの問題はありますが。

ただ、今日もホームには吸いがらが落ちています。

「やっぱりな・・・」と思いますが、マナーを守って吸っておられる方にとっても、ポイ捨ては、迷惑な行為だったような気がします。

そんなことを書くのも、最近、事務所のビルの共用スペースの使い方、どうして平気で汚せるんだろう?ということが気になっているから。

自分たちも使わせてもらっている立場なので、他人事ではないのですが、自分の家の中なら、そんなことしないでしょ?というようなことを平気でする人がいる。残念でならないです。

|

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »