« 本当の違いは・・・ | トップページ | 「ダム式経営」は家計でも通じる話 »

2009年5月 4日 (月)

人の心の錯覚?

「野球人の錯覚」(加藤英明+山崎尚志著)を読んでから、野球中継を見ていると、「ああ、やっぱり言ってる」と反応するようになりました。

野球界の通説について、データーを元に、その多くが錯覚であることを検証されている本です。

特に、よく言われる「流れ」については、「人の心の錯覚にすぎない」と結論づけられていて、意外に感じました。

先頭打者に四球を出しても、ヒットを打たれた場合と比べて、統計上点を取られやすかったり、逆に、味方が点を取りにくくなる、ということはないんだそうです。

私自身の身の回りのことでも、「流れ」はあると思っていますが、それも錯覚なのか。
もし思い込みだとしても、「悪い方に進まないように」と心掛けて行動しておくことは、マイナスのことではないように思います。

|

« 本当の違いは・・・ | トップページ | 「ダム式経営」は家計でも通じる話 »

読書・映画の話」カテゴリの記事

急成長できなくても大きくなれなくてもいい(2021.02.21)
ドラマ「知ってるワイフ」(韓国版)(2021.02.07)
ドラマ「知ってるワイフ」(2021.01.31)
「新型コロナからいのちを守れ!」(西浦博著)(2021.01.09)
『鍵泥棒のメソッド』と『半沢直樹』(2020.09.20)