« 「ダム式経営」は家計でも通じる話 | トップページ | 連休が明け »

2009年5月 6日 (水)

客観の中にも偏見?

「お金を知る技術 殖やす技術」(小宮一慶著)
サブタイトルには、「貯蓄から投資」にだまされるな、とあります。

データーを用いて、株や投資信託のことをはじめ、金融のことをとても分かりやすく説明してくれています。個人の価値観にも配慮して書かれていますが、ちょっと残念だったのが住宅の購入に関する部分。

「経済的にも賃貸住宅のほうが得だと考えるのは無理があります」
「住宅は早く買ったほうが、その後の賃料の支払いがなくなるので得なのです」(いずれも本書の表現のまま)

と、原稿の分量が少ない中で断言されていて、あれれ?と感じました。

先日私が「その分の金利が上乗せになっている」と書いた、ある銀行の預金見合いローンについては、その手数料のことには触れられず、「少しずつでも余裕資金を積み立てることのできる人には、すぐれものの金融商品」(本書のまま)と、筆者が使われていることも紹介されています。

筆者はそのデメリットも当然理解されているはずですが、「だまされるな」と言われるからには、やっぱり違った角度からも考えないといけないのでは?ということを感じました。

|

« 「ダム式経営」は家計でも通じる話 | トップページ | 連休が明け »

読書・映画の話」カテゴリの記事

急成長できなくても大きくなれなくてもいい(2021.02.21)
ドラマ「知ってるワイフ」(韓国版)(2021.02.07)
ドラマ「知ってるワイフ」(2021.01.31)
「新型コロナからいのちを守れ!」(西浦博著)(2021.01.09)
『鍵泥棒のメソッド』と『半沢直樹』(2020.09.20)