« 見えてる人と見えない人 | トップページ | 遅いと思っても・・・ »

2009年4月20日 (月)

「運に選ばれる人・・・」を読んで

出先での待ち時間に、「運に選ばれる人 選ばれない人」(桜井章一著)を読みました。

いきなり、「真っ当」という言葉から始まり、確かに普段は目にしない言葉だよなぁと感じましたが、

・「運」は、正しい選択の積み重ねからやってくる
・「偶然の運」と「必然の運」がある
・欲が多いと「運」を逃す
・「不調こそ、我が実力」と思え

以上は本書の見出しの一部ですが、耳の痛い話もあれば、私自身日頃何気なく感じていることも含まれていて、とても共感できる内容でした。

「必然の運」とは、「ふだんの生活の姿勢や意識の持ち方によってやってくる運」であると説明されていますが、必然の運が存在することを前提に、日々過ごしていきたいです。

|

« 見えてる人と見えない人 | トップページ | 遅いと思っても・・・ »

読書・映画の話」カテゴリの記事

急成長できなくても大きくなれなくてもいい(2021.02.21)
ドラマ「知ってるワイフ」(韓国版)(2021.02.07)
ドラマ「知ってるワイフ」(2021.01.31)
「新型コロナからいのちを守れ!」(西浦博著)(2021.01.09)
『鍵泥棒のメソッド』と『半沢直樹』(2020.09.20)