« 引いた位置から見る | トップページ | 30年目線の長期投資 »

2009年2月14日 (土)

道なき場所に道を作る

先日紹介した「脳を活かす仕事術」(茂木健一郎著)の章のタイトルに、「道なき場所に道を作るのが仕事である」とあって、素晴らしい言葉だなと感じました。

『正解がなく、先生もいない。これを「教師なし学習」といいます。仕事は学校の勉強のように、国語、算数、理科、社会、英語のなどの決められた「科目」もありません。しかも、どういう科目があるかを誰も教えてはくれないし、採点もしてくれない。もちろん正解だってありません。自分で学習しながら、何が正解かを求めていかなければならないのです』(以上引用です)

私も普段は司法書士の資格の中で仕事をしていますが、同じ資格者でも、みんなが同じ知識を持って、同じような経験を積んで、同じ道を進む時代ではなくなりました。

自分でやりたいことを選択できるのが現実ですし、みんなが進んでいない道や、やっていない方法があるのであれば、その方向に進んでみたいという思いがあります。

|

« 引いた位置から見る | トップページ | 30年目線の長期投資 »

司法書士という仕事」カテゴリの記事