« 過払金を使って返済に | トップページ | 休まず続けること »

2009年2月 6日 (金)

世論と経営者の責任

内定取り消しで問題にされていた会社が、破綻したニュースが流れています。

詳しい事情はわかりませんし、会社側の肩を持つわけではありませんが、こうなってしまうと余計に思うのは、「誰が責任を持つのか」ということも踏まえて、物事考える必要があるのでは、ということです。

私も、ある会社の経営に関与した時によく分かったのですが、責任がなければ、周囲の人は好きなこと言います。それがたとえ善意のアドバイスであったとしても、悪い結果が生じて責任を背負うのは、経営者なのですね。

今、特に大企業の経営者側に対する批判が出ていますが、「これは許せない」「こうあるべき」と世論の言われるままに行動し、もし経営が行き詰ったら、従業員や社会に対して、もっと悪い影響が及ぶかもしれません。

経営者はそれだけの責任を背負って判断している、ということは、理解しておかないといけないと思います。

|

« 過払金を使って返済に | トップページ | 休まず続けること »

世の中の話」カテゴリの記事

渋沢栄一さんの考え方に触れて(2021.04.14)
責任者として守るべき存在がある(2021.04.10)
下の人は意外な程見ているもの(2021.01.16)
新型コロナウイルス素人の雑感13(2020.12.27)
新型コロナウイルス素人の雑感12(2020.11.29)