« 裁判所の新しい庁舎で | トップページ | ある時は外から見る »

2009年1月14日 (水)

借り手側の経営状況

政府の緊急保証制度を使った融資の申込みをしている、というお話をお聞きすることがあります。

新たな借入するということは、当然今後の返済の負担が増えるわけですから、今日は「止めておかれたほうが・・・」と申し上げました。

「貸し渋りが問題」という報道も多いですが、借り手側の経営状況も見て議論すべきではないかと、いつも思います。

過剰な債務の存在も、資金が回っているうちは深刻な問題でないのかもしれません。ただ、何らかの事情で入金が減ったり止まったりすると、一気に問題が表に出てくることになります。

事業資金であっても、一般家庭の家計費であっても、それは同じことではないかと思います。

|

« 裁判所の新しい庁舎で | トップページ | ある時は外から見る »

司法書士の日常」カテゴリの記事