« 判断の元になるのは | トップページ | ボーナスの支給シーズン »

2008年12月 4日 (木)

法律の知識を超えて

楽しみにしていた勝間和代さんの「起きていることはすべて正しい」(ダイヤモンド社)が届いたので、昼休みに4分の1ほど読んでいました。

「その些細な意思決定の違いで、同じスタートポイントから始まっても、毎日決めていることと将来のちょっとしたことが積み重なって、どんどんシナリオが変わってくるのです」(以上引用です)という部分を先に読んでいたら、昨日のブログを書けなくなっていたところでした。

でも、今まで読んだ本から受けている影響も大きいのだと思います。

さて、今日は、申立済みの破産や再生事件について、裁判所からあった指示への対応の打ち合わせが続きました。

指示の趣旨をお伝えして、一緒に考えていだただくことになりすが、育英会の資料をプリントアウトしてご用意していたら、依頼者の方も申込書を持って来ておられて、書類の書き方なんかを一緒に見ていました。

法律の知識を超えて、こんな形で学ばせてもらえることがたくさんあります。

|

« 判断の元になるのは | トップページ | ボーナスの支給シーズン »

司法書士の日常」カテゴリの記事