« 来年のカレンダー | トップページ | 予定のないはずが »

2008年12月18日 (木)

破産という選択肢

分割弁済中の方について、債権者から「入金が遅れています」の電話が続きます。

携帯に電話させてもらうのですが、「お掛けになった番号は・・・」「お客様の都合により…」というアナウンスが流れると、がっくりきます。

任意整理での返済中に支払えなくなり、自己破産になる方もおられれば、「破産という方法もありますよ」とご提案しても、遅れながら支払いを続けていかれる方もおられます。

破産の妨げになるのは、不動産であったり、事業であったり、車のために、ということもあります。

それと、連絡が取れなくなり、債権者に業務終了届を送ることになる方も。

むやみに破産をお勧めすることはありませんし、返済が可能であれば返していくべきだとも思いますが、方向性の打ち合わせをする中で、「破産にします」と言われると、ホッとすることもあります。

|

« 来年のカレンダー | トップページ | 予定のないはずが »

司法書士の日常」カテゴリの記事