« 事務所を存続させる | トップページ | 配置換え失敗 »

2008年11月14日 (金)

家計表の繰越残高と

目の前にある仕事を、せっせと進めていきます。
かなり追いついてきましたが、依頼者の方から「送ると言われていた書類は?」と連絡が入るのは、申し訳ない状態でした。

個人再生では、「現時点では履行可能性の判断が難しいので・・・」と、継続的に家計表を出すよう指示される案件が増えています。

住宅ローンを払って、生活費を払って、積立は必ずしないといけないので、給料が入るとすぐにお預りするようにしていますが、今から収支がぎりぎりであると、3年間とても心配です。

「給料日の前に、1万円でも残すように心掛けて下さい。なぜかというと・・・」とお話しすることも多いですが、なかなか難しいです。家計表では繰越残高が増えていっても、通帳からの引出し方を拝見すると、残っているか残ってないかが分かるものです。

今しかないので、数字と向かい合っていただきたいです。

|

« 事務所を存続させる | トップページ | 配置換え失敗 »

司法書士の日常」カテゴリの記事