« 中小企業倒産防止共済 | トップページ | 灯油の巡回販売 »

2008年10月20日 (月)

小規模企業共済

昨日書いたことに補足です。

小規模企業共済の場合、任意解約で掛金に対して100%以上の解約金を受け取ろうとすると、20年の期間が必要になっています。

「積立に」と考えると、私の場合、20年間解約しないことを前提に、まとまった掛金を支払い続けていく自信がない、という意味合いでした。

制度の趣旨が違うので、倒産防止共済と単純に比べるのは間違いですが、節税のために加えて、自分の退職金代わりにと考えると、小規模企業共済は、事業者にとってはメリットの大きい制度です。

こんな社会情勢なので、私も含めて特に事業をしている人は、財務の面を見つめ直してみるいい機会なのかもしれません。

|

« 中小企業倒産防止共済 | トップページ | 灯油の巡回販売 »

お金の話」カテゴリの記事

「NISA」や「iDeCo」に投資信託など(2021.03.27)
不動産の価格にコロナは関係なし?(2021.03.14)
「ヴェリテ三国ヶ丘」(2020.10.24)
「住宅ローン完済時年齢上昇」の記事(2020.10.05)
老後のお金を自分の思うように使えるか(2020.09.13)