« 灯油の巡回販売 | トップページ | 早く治したい »

2008年10月22日 (水)

今後の見通し

今日は、破産の債務者審尋に同行です。

「免責不許可事由があります。あなたの場合は、○○です。
それは法律上の問題で、過去のことだから仕方がないとして、今後の生活をどうやってしていくつもりですか?」

「今後の生活の見通しが立てれないのであれば、免責決定は下ろせません」ということで、引き続き家計表の提出を続け、収支を立て直すことが条件での進行となりました。

昨日と内容がかぶるかもしれませんが、過払いを取り戻しても、それで問題が解決するとは限りません。破産をして、債務がゼロになっても同じです。

ある意味情報が偏ってしまっている中、裁判所が今後の生活のことを考えるきっかけを与えてくれるのは、救いのような気がしました。

|

« 灯油の巡回販売 | トップページ | 早く治したい »

司法書士の日常」カテゴリの記事