« ついつい厳しい目に | トップページ | 浮き沈みがあっても »

2008年10月 7日 (火)

「成功」と「失敗」の法則

稲盛和夫著、『「成功」と「失敗」の法則』(到知出版社)を読みました。
表紙には、「仕事にも人生にも法則がある。その法則にのっとった人間は成功し 外れた人間は失敗する」とあります。

法則というよりも、要はその人の考え方や日々の取り組みが、成功と失敗を分ける、ということなのだと思いますが、「どうして豊かさが実感できないのか」という部分は、大衆の発想とは全く違った角度からとらえられています。

『結局、豊かさというのは「足るを知る人」しか実感できないものであり、「足るを知る」という精神構造があってはじめて実感できるものなのです。日本人がまだ豊かさを実感できないとすれば、それは貧弱な精神に由来するとしか思えないのです』(以上引用です)

価値観は人それぞれですので、反論をされる方もおられるかもしれませんが、より良い生活を目指すために本当に必要な考え方とは・・・私の中で、もやもやしていた部分が、ひとつ晴れた気がします。

|

« ついつい厳しい目に | トップページ | 浮き沈みがあっても »

読書・映画の話」カテゴリの記事