« 月末の金曜日 | トップページ | ビジネスプロフェッショナルの・・・ »

2008年8月30日 (土)

法律のもっと奥?

「成功は小さい努力の積み重ね 松下幸之助の言葉を読み解く」(江口克彦著)を読みました。

「昨今、企業の不祥事からコンプライアンス(法令遵守)が叫ばれるようになった。重要なことではあるが、前述の通り、それは本質的な議論ではないと思う。なぜなら法は、時代によって変わっていくからだ。だからその法律のもっと奥にある人間の本質、あるいは自然の摂理という根源的なものに立脚した、そういう不変のものに基づいた経営をしていかなければならないと思う」(以上引用です)

本の内容とはずれてしまうかもしれまんが、法律の枠の中で仕事をしていると、時には、人としてどうなんですか?という問いかけを受けることがあります。

この本には、人の土台に置いておくべきような考え方がたくさん散りばめられていますが、じっくりと考えてみたい部分です。

|

« 月末の金曜日 | トップページ | ビジネスプロフェッショナルの・・・ »

読書・映画の話」カテゴリの記事

急成長できなくても大きくなれなくてもいい(2021.02.21)
ドラマ「知ってるワイフ」(韓国版)(2021.02.07)
ドラマ「知ってるワイフ」(2021.01.31)
「新型コロナからいのちを守れ!」(西浦博著)(2021.01.09)
『鍵泥棒のメソッド』と『半沢直樹』(2020.09.20)