« 不満を持たれていても | トップページ | 段取りの組み立て »

2008年7月13日 (日)

「100%幸せな1%の人々」

「100%幸せな1%の人々」(小林正観著)
私が読んでアンダーラインだらけになっている本が転がっていたので、また読み直しました。

「宇宙を敵にまわす」とか、「地球や宇宙のリズム」とか、法律の世界とはそぐわない表現も出てきますが、日々の仕事の中で見聞きすることと照らし合わせると、この本に書かれていることが逆によく分かります。

「自分以外のものを自分の思いどおりにするという考え方を全部やめる」
「自分に起きたことやこれから起こることは、すべて自分が成長するために必要だ(った)と思うこと」
「戦わないで、争わないでいると、敵がいなくなって無敵になる」
(以上、本書の表現のまま)

「なるほど」「そのとおり」と思える考え方、「自分も気をつけよう」と思えることを、たくさん教えてくれています。

|

« 不満を持たれていても | トップページ | 段取りの組み立て »

読書・映画の話」カテゴリの記事

急成長できなくても大きくなれなくてもいい(2021.02.21)
ドラマ「知ってるワイフ」(韓国版)(2021.02.07)
ドラマ「知ってるワイフ」(2021.01.31)
「新型コロナからいのちを守れ!」(西浦博著)(2021.01.09)
『鍵泥棒のメソッド』と『半沢直樹』(2020.09.20)