« まぶしい日差し | トップページ | 長期金利の動き »

2008年6月14日 (土)

「10年先を読む長期投資」を読んで

この1週間ではじめて「特に何もしなくていい」時間ができたのですが、事務所に行くのは止めて、テレビでイースタンリーグの試合を見ながら、「10年先を読む長期投資」(澤上篤人著)を読んでいました。

二軍の試合って、もっと泥臭い感じなのかと思っていましたが、淡々とした感じで進んでいくのが意外でした。10年後、この中から一軍の試合に出続けて、名を残せている選手は、ごく一握りなのでしょう。

さて、本の内容は、金融資産の投資をするしないにかかわらず、タメになる内容です。

インフレを前にして考えるべきこと、銀行が投信を販売して手数料を得る仕組み、終身雇用制度が崩れた背景、景気の大きなうねりの話、応援すべき企業を選ぶ基準、何にお金を使うべきなのか・・・。

澤上さんの考え方を学ぶことは、そのまま自分の「生き方」を考えることにつながります。

|

« まぶしい日差し | トップページ | 長期金利の動き »

読書・映画の話」カテゴリの記事