« 金券プレゼント | トップページ | 高くついた弁当 »

2008年6月 1日 (日)

「レバレッジ時間術」を読んで

「レバレッジ時間術」(本田直之著)を読みました。

『もし、「忙しい」と自認している人がいれば、ぜひ冷静に自問してみてください。その忙しさは、成功している企業の経営者を凌ぐほどでしょうか。あるいは、一国の大統領や首相より時間に追われているでしょうか』(以上引用です)

と言われると、「忙しい」を口にするのが恥ずかしくなります。

この本を読むまで、「時間を複利で増やす」という発想は私の中にはありませんでしたが、上手な時間の使い方が、「天引き貯金」や、株式投資の発想と通じているという説明に、頭の中がすっきりとしました。

どんなお仕事をされている方にも、お勧めの本です。

|

« 金券プレゼント | トップページ | 高くついた弁当 »

読書・映画の話」カテゴリの記事