« 裁判所の責任と | トップページ | リスクを補う手段 »

2008年6月18日 (水)

好きなことをする

裁判官から直々に電話が入り、驚きました。

ご主人に内緒で申し立てしている破産事件ですが、「ご主人も一緒に裁判所に来てもらわないと、手続を進めることはできない」と。

これも、あくまでも「家計再建のために必要」という理由です。

今日は早く帰宅し、ビデオに撮っていた先週の「ソロモン流」を見ました。
和菓子職人の山口富蔵さんの言葉です。

「好きな菓子を、好きなように作らせてもらって、それが認められるということが一番いいこと、(中略)本当にありがたい」

自分の好きなことを、好きなようにやって、お客さんに喜んでもらえる・・・。
「仕事をする」ということの、理想的なあり方を見せてもらえた気がします。

|

« 裁判所の責任と | トップページ | リスクを補う手段 »

司法書士の日常」カテゴリの記事