« 司法書士への出発点 | トップページ | 光熱費の増加分 »

2008年6月28日 (土)

管理組合の収支

マンションの管理組合の集会に、はじめて参加しましたが、予想外の展開でした。

まだ1年も経っていないのに、管理組合の収支が大きな赤字で、今後も黒字にするのが難しいことが発表されました。「管理費を月5,000円上げないと補えない」という管理会社からの説明に、これは一体誰の責任なのだ、と。

「最初からこうなるのは分かっていたのでは?」
「最初に管理費を高く表示していると売れませんもんね」という意見も出ました。

12年経過時、15年目経過時、24年経過時に支払うべき修繕積立金の一時金の額も出てきましたが、一戸あたり合計240万円。これに加えて、5年目以降は、毎月の積立金も少しずつ上がって、20年目以降は今の4倍以上になります。

専有部分の修繕費用はともかく、一時金のことは今まで頭にありませんでした・・・。

|

« 司法書士への出発点 | トップページ | 光熱費の増加分 »

司法書士の日常」カテゴリの記事