« あとでやってくる請求 | トップページ | 元横綱の言葉から »

2008年5月 9日 (金)

ホッチキスの針

登記簿謄本に使われているホッチキスは、通常のものより幅が広いので、一度外して綴じなおすと元々の穴が見えてしまうのですが、事後謄本をスキャナで取り込みをしてもらった後も、ホッチキスを外した形跡がありません。

どうしてか・・・と考えるのに時間がかかりましたが、もしかして?
12通もあったのに、一度外したホッチキスの針を、1本ずつ手作業で戻して、また折り曲げたとのこと。

うーん、人の感覚って面白い。
その案をいただこうかと思いましたが、でも、針が完全に折り曲がっていなくて危ないので、却下でした。

|

« あとでやってくる請求 | トップページ | 元横綱の言葉から »

司法書士の日常」カテゴリの記事