« 思い返してみると | トップページ | これからのこと »

2008年5月18日 (日)

「頭が良い人は・・・」を読んで

「頭が良い人は親指が太い」(木村剛著)。

タイトルだけからは、何のことか分りませんが、「親指が太い」ことと「ビジネスがうまくいく」ことが関係ないのと同じように、「頭が良い」ことと「ビジネスがうまくいく」ことは関係がない、ということが書かれています。

書かれていることは、よく分かりました。
「ビジネス」という言葉には、「自分は関係ない」という反応をする方も多いかもしれませんが、要は、社会に出て必要とされる能力、思考とは何なのか?ということでしょうか。

反発される意見もあるのでしょうけど、木村さんが言われている視点に気付くと、自分の生き方についても、社会で問題とされていることに対しても、また違った見方ができるようになるのでは、と思っています。

|

« 思い返してみると | トップページ | これからのこと »

読書・映画の話」カテゴリの記事