« テレビの影響で | トップページ | 手数料を無料にするために »

2008年5月14日 (水)

相手への伝わり方

スタッフに作ってもらった文章に手を加えるのは心苦しいのですが、文面がちょっときついのではないかな、と感じることがあります。

もちろん、事務所の中でも、私の感覚が正しいとは言えませんので、余計に難しいのですが、同じことを伝えるにしても、書き方によって相手への伝わり方が違ってきます。

なので、相手方が100%間違っていると確信して指摘する時や、争いの相手方であって、こちらが全面的に優位な立場にいる時でも、受け取った人の感情には配慮すべきではないかと、思います。

それでも傷を付けることがあるでしようし、ブログで好き勝手書いている私が言えることではないですが、この点、開業した頃と比べると、少しは丸くなった部分もあるのかもしれません。

|

« テレビの影響で | トップページ | 手数料を無料にするために »

司法書士の日常」カテゴリの記事