« ファイル置き場の比率 | トップページ | オートロックのデメリット »

2008年4月17日 (木)

理想と現実

普段はドラマを一切見ない私なので、それが夫婦に亀裂(?)を生じさせる原因になったりもするわけですが、昨日は「参考になるでしょ?」とかうまく言われて、新人弁護士さんの話「ホカベン」を見てしまいました。

理想と現実・・・。

あらすじも何も知らずに見たので、どうしてここまで現実をリアルに表現できるのか?と思ってましたが、原作が弁護士さんだったからですね。

一番印象に残ったシーン、「法律が弱者を救うことはないんだ」という発言がありましたが、私が言い換えるとすれば、「法律だけで救えるとは限らない」でしょうか。

それを分かって法律を使わないといけないですし、依頼者にも伝えなければならないことではないかなと、日頃はそう思いながら仕事をしています。

|

« ファイル置き場の比率 | トップページ | オートロックのデメリット »

司法書士という仕事」カテゴリの記事