« 15年ぶりに再び | トップページ | 雑談の中から »

2008年3月25日 (火)

納得していただくこと

ココログのメンテがあるので、早目の書き込みです。

事務所に出てくると、中堅の貸金業者から民事再生を知らせるFAX。

過払いの案件については、相手の業者を見て、分割に応じるか、減額してでも一括にするか、その都度依頼者の判断を仰がなければならない機会が増えそうです。

判断を仰ぐにしても、どれだけの判断材料を提供できるか。

ネット上で「自分が頼んでる司法書士は…」といった感じで批判するコメントが書かれているのを見たりすると、ケースバイケースなのにな、と感じることもありますが、依頼者の方には見えにくい部分ですから、納得していただけるようにご説明することを、より大事にしなければと思います。

|

« 15年ぶりに再び | トップページ | 雑談の中から »

司法書士という仕事」カテゴリの記事