« 複利の効果 | トップページ | 無事に »

2008年3月30日 (日)

新築マンションのコスト

駅前ロータリーに建築中(まだ1~2階の鉄筋が見えてる段階?)のマンションの広告が入りはじめました。

間取りはいいと思いますが、予定価格が2,500万円~5,800万円台。
最多価格帯が4,100万円台とのことなので、なかなかのお値段です。

昨日ご紹介した勝間和代さん著の「お金は銀行に預けるな」には、「買ってはいけない住宅の最たるもの」として新築マンションが上げられています。

うちのマンションでも完売まで時間が掛かり、頑張っておられる営業の方を見ては「早く売れないと利益が・・・」と心配していたものですが、どこまでを想定して予算を組まれているのか。物件代金の中に、営業活動に関する人件費、広告代が乗っかっているという仕組みは、よく分かりました。

そもそも、完成前に販売を開始するというのは、買い手からすれば、現物が見えない段階で高額の契約をしなければならないということですが、業者側の資金の流れを考えると、当然と言えば当然のことなのかもしれません。

ちなみに、「お金は銀行に預けるな」には、私の好きな話がたくさん書かれていますので、また話題にさせてもらいます。

|

« 複利の効果 | トップページ | 無事に »

お金の話」カテゴリの記事

「NISA」や「iDeCo」に投資信託など(2021.03.27)
不動産の価格にコロナは関係なし?(2021.03.14)
「ヴェリテ三国ヶ丘」(2020.10.24)
「住宅ローン完済時年齢上昇」の記事(2020.10.05)
老後のお金を自分の思うように使えるか(2020.09.13)