« 経済学のフィルター | トップページ | お茶出し »

2008年2月11日 (月)

経済学のフィルター2

「金持ちいじめは国を滅ぼす」三原淳雄著。

これも社会の仕組みを教えてもらうのに、分かりやすい本でした。
また、私たちが生きていくために必要な心構えを教えてくれているのも、昨日ご紹介した本と同じです。

「土地が輸入できる時代」という考え方にははじめて触れ、なるほど・・・と思いましたが、社会の変化についても、うまくまとめてくれています。

まずは現実を知って、問題があるならどうやって解決していくかを考えないといけないのに、現実をすっ飛ばした理想論、「○○あるべき」という考え方が世の中には多いことが、よく分かりますね。

きっぱりと言い切る口調で書かれているのに嫌味は感じず、「そのとおり!」の連続で痛快でした。

|

« 経済学のフィルター | トップページ | お茶出し »

読書・映画の話」カテゴリの記事

急成長できなくても大きくなれなくてもいい(2021.02.21)
ドラマ「知ってるワイフ」(韓国版)(2021.02.07)
ドラマ「知ってるワイフ」(2021.01.31)
「新型コロナからいのちを守れ!」(西浦博著)(2021.01.09)
『鍵泥棒のメソッド』と『半沢直樹』(2020.09.20)