« 3冊目のブログ本 | トップページ | 住基カードの発行 »

2008年2月 4日 (月)

地域一番店

昨日テレビで、ある旅館が取り上げられていました。
一度泊って、いくら「素晴らしい」と思っても、なかなか同じ旅館には行きませんが、2回以上泊りにいったことがある2つ旅館のうち1つです。

「どこの地域でもそうですけど、一番店というのは絶対残るんです。我々は多分一番店だろうと思っています」

経営会議でトップの方が言われていた台詞ですが、高い意識を持たれている所でよかった。改めてまた行きたいと思いました。

ところが、その旅館の女将のブログを見ると、テレビを見た人から「不愉快」「金亡者」などという言葉が書き込まれていて、残念に思いました。

でも、お客さんに喜んでもらって、対価をいただく。
喜んでくれた人が多いほど、結果として組織は潤い、また再投資してお客さんに還元できるわけですよね。

私は旅館のサービスを通して、そのことを学んでいます。

|

« 3冊目のブログ本 | トップページ | 住基カードの発行 »

事務所経営論」カテゴリの記事

「良いお客様とは」の定義について(2021.03.30)
自宅のようで自宅ではない事務所(2021.03.16)
自分の足跡を残しておくこと(2021.03.13)
司法書士開業物語(?)~平成15年頃の話(2021.03.07)
開業から1年での事務所移転(2021.02.28)