« 定期預金の目的 | トップページ | 債務不存在の後 »

2008年2月20日 (水)

3,000万円の借金

昨日の続きですが、業務の中に目線を移して・・・
3,000万円の住宅ローンを年3%で借りてしまうと、当初の年間の支払い利息は90万円です。12で割って、月当たり75,000円。

それに加えて元金を返さないといけないわけですから、総額で考えると、とんでもない金額の支払いをすることになります。

住む家だからいいというのは理由になりませんし、元金を見ずに、表面的な利率から金利の高い安いを判断してはならない、と思うのです。

支払いが行き詰って相談に来られる方の内容を拝見すると、3,000万円前後の住宅ローンを残されていることは、珍しいことではないです(最近多かったのですが、決して特定の方のことではないです)。

「組まれた時は収入がおありだったんですね」「そうなんです」という話をよくしていますが、転職されて収入の半分が住居費に消えてしまっているというのも、また珍しい話ではないと思います。

こういうことは、もっと議論されるべきことだと思うのですが、法律の枠内で考えてしまうと、問題にはできないですね。

|

« 定期預金の目的 | トップページ | 債務不存在の後 »

お金の話」カテゴリの記事

「NISA」や「iDeCo」に投資信託など(2021.03.27)
不動産の価格にコロナは関係なし?(2021.03.14)
「ヴェリテ三国ヶ丘」(2020.10.24)
「住宅ローン完済時年齢上昇」の記事(2020.10.05)
老後のお金を自分の思うように使えるか(2020.09.13)