« 「巨人軍論」から | トップページ | 1枚の利用明細から »

2008年2月24日 (日)

自分の評価は他人が?

「人間の存在や価値は、自分が決めるのではない。他人が決めるのだ。他人がどう評価するかで決定されるのだと私は考えている。人間は自己愛で生きているから、自分に対しての評価は甘くなる。他人の下した評価こそが正当なのである。それが阪神の選手はわかっていなかったのだ」(「あぁ、阪神タイガース」から引用)

契約更改の時期になると、「その金額では印鑑を押せない!」。
戦力外を通告されたら、「自分はまだできる!」。

よくある出来事を見ていると、素人目にもそれを感じることはありますが、他人事だから客観的に見れるのであって、自分のことなら気付かないのかもしれません。

サラリーマンの世界でも、「こんなに安月給で・・・」と嘆いている人も、自分の実力からすると、実はもらい過ぎだったり?

我々の仕事も、お客さんから評価、社会から評価されるものだとすれば、自分ではいいことをしていると思っても、下手をすれば社会から指を指されて見られている、ということも?

客観的な視点が大事なのだと、改めて感じます。

|

« 「巨人軍論」から | トップページ | 1枚の利用明細から »

読書・映画の話」カテゴリの記事

急成長できなくても大きくなれなくてもいい(2021.02.21)
ドラマ「知ってるワイフ」(韓国版)(2021.02.07)
ドラマ「知ってるワイフ」(2021.01.31)
「新型コロナからいのちを守れ!」(西浦博著)(2021.01.09)
『鍵泥棒のメソッド』と『半沢直樹』(2020.09.20)