« 生活に必要なお金 | トップページ | 今日を区切りに »

2008年1月24日 (木)

2割の中の2割

「働き方、生き方、稼ぎ方」という見出しにつられて買った、雑誌のPRESIDENT(2008.2.4号)。

その中に、「専門家の見抜き方」というタイトルで、公認会計士・税理士の先生が面白いことを書かれていました。

よく言われる「8対2」の法則ですが、資格試験ではその法則を2回潜り抜けないといけない。つまり、上位2割の、さらにその2割の中に入らないと合格できない、と書かれています。

100人のうちの上位2割で20人。
さらにその20人の中の2割で4人。
それでやっと合格率4%の試験に合格できる、と。

なるほどなぁ…と思いましたが、そこで止まってしまうと意味がないわけで、できればその先も考えたいもの。

その区分けは目には見えないものですが、4%の難関を潜り抜けた後にも、また8対2の境目があるはずです。さらに、その2割の中でも…と、どこまでいっても区切りが止まるものではないと思うのです。

|

« 生活に必要なお金 | トップページ | 今日を区切りに »

価値観・共感した話」カテゴリの記事

自分のやりたいことをやりたいように(2021.04.03)
経営のセンスが伝わるベッドカバー(2021.03.28)
体調管理もプロの仕事のひとつ(2021.03.21)
「成功者に共通することは・・・」(2021.03.20)
誰にもできることをやり続ける(2021.02.27)