« 大阪府知事選挙 | トップページ | 困りごとを3つ »

2008年1月28日 (月)

「たら」「れば」の話

選挙から感じたことをもう一つ。

例えば、「国民健康保険料を低くします」「○○手当をこれだけ増やします」。
「そのための財源は、△△で確保します」という公約があるとして、でも、今の時点で△△では財源を確保できていないわけなので、できるかできないかは、分からない話なんですよね。

どこまでが現実で、どこからが願望なのか。

「たら」「れば」の話には気をつけないと。
ないものを前提に考えてはいけない、というのは、日頃から気を付けていることです。

違った次元の話ですが、例えば、「夜も働いて収入を増やせば、借金は返せます」「夏になって売上が上がれば・・・」といったお話を聞くこともあります。

そう言いたくなるお気持ちは分かるのですが、実現できるかどうか分からないことを前提に考えてしまうと、自分が痛い思いをする可能性を増やしてしまうと思うのです。

|

« 大阪府知事選挙 | トップページ | 困りごとを3つ »

価値観・共感した話」カテゴリの記事

自分のやりたいことをやりたいように(2021.04.03)
経営のセンスが伝わるベッドカバー(2021.03.28)
体調管理もプロの仕事のひとつ(2021.03.21)
「成功者に共通することは・・・」(2021.03.20)
誰にもできることをやり続ける(2021.02.27)