« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月31日 (木)

月末の大安

めずらしく、借り換え・売買の決済2件で、一日外出。

みんなの顔を見れたのは12時からの1時間だけで、昼休みくつろぐべき時間に、一人ワサワサと動いてまたお出掛け。迷惑な存在です。

月末の大安で?法務局の登記申請窓口も、順番待ちの列になっていました。
「受理証明、20分から30分くらい掛かりますよ」
昔よくそんなことがあったよなぁと、私自身は久しぶりに感じる雰囲気に圧倒されていました。

初日から仕事の内容が濃かった1月でしたが、あっという間に1ヶ月が終わりました。

|

2008年1月30日 (水)

済んだことと先のこと

印鑑をもらいに行ったついで、お客さんと1時間以上話し込み。

「こないだいつ会いましたっけ?」
「18日?」「いや、22日?」

カレンダーを見ながら振り返ってみるのですが、お互いになかなかその時の状況が浮かんでこないんですね・・・。ついこないだのことなのに。

済んだことを忘れて、その分先を見ているのであればいいのですが、おそらく今日と明日くらいのことしか見えていません。

危険ですねー。

|

2008年1月29日 (火)

困りごとを3つ

差出人の表示がない封筒の中に、家計表が一枚。
うちの返信用封筒を使われていますので、一度ご相談に来られた方なのは確かですが、どなたでしょう?

困りごとを書いたついでに、あと2つ。
名前を本文に入れていただいていないメールも、どなたなのか探すのに困ることがあります。自動仕分けを使っていますので、受託している方はその方のフォルダに飛んでくれますが、パソコンを入れ替えて、再度設定し直していかないといけないんですね…。

あと、はじめてのご相談の電話をいただいて、「今のところ来週の月曜日の午前は空いています」「じゃあ、また電話します」で切れたとします。

メールであれば、「空いています」と返信した後、お返事がなかったりします。

こちらとしては、お約束をしたつもりはないので、どんどん他の予定を詰めていくことになりますが、当日になって「これから行きます」と電話が入ったり、突然お越しになって「空いてると聞いてたので…」と言われたり。

認識の違いですが、言葉足らずの対応にも原因があるのだと思います。

|

2008年1月28日 (月)

「たら」「れば」の話

選挙から感じたことをもう一つ。

例えば、「国民健康保険料を低くします」「○○手当をこれだけ増やします」。
「そのための財源は、△△で確保します」という公約があるとして、でも、今の時点で△△では財源を確保できていないわけなので、できるかできないかは、分からない話なんですよね。

どこまでが現実で、どこからが願望なのか。

「たら」「れば」の話には気をつけないと。
ないものを前提に考えてはいけない、というのは、日頃から気を付けていることです。

違った次元の話ですが、例えば、「夜も働いて収入を増やせば、借金は返せます」「夏になって売上が上がれば・・・」といったお話を聞くこともあります。

そう言いたくなるお気持ちは分かるのですが、実現できるかどうか分からないことを前提に考えてしまうと、自分が痛い思いをする可能性を増やしてしまうと思うのです。

|

2008年1月27日 (日)

大阪府知事選挙

大阪府知事選挙の投票に行ってきました。
投票所となった、自分が卒業した中学校には久しぶりに。

明らかに変わっている部分と昔からそのままの部分、どうだったか思い出せない部分もありましたが、グランドにある緑のネットを見ると、いい思い出がたくさん浮かんできます。

選挙の行方は分りませんが、「自己責任論だ!」と批判されながらも現実的なことを言っていた候補者と、明らかにやさしそうなイメージの候補者を見比べて、今、本当に必要とされる存在はどちらなんだろう?という思いで眺めてきました。

いつも仕事に取り組みながら考えていることと、かぶっている部分でもありますが、人の役に立ちたい、社会の役に立ちたい、という気持ちを表現するにあたって、その思考のバランスはとても難しいものです。

|

2008年1月25日 (金)

今日を区切りに

今日を区切りに、一人が産休に入ります。
出産予定日の2ヶ月前なので、大きなお腹を抱えて動けないんじゃないか?と思っていましたが、最後まで普通に勤め上げてくれました。

もう一人は、来週月曜日から特別研修に。

申し合わせるワケもなく、二人が欠けるタイミングが見事にかぶってしまいましたが、こういうのも何か意味があるのかもしれませんね。

今日は、朝から事務所の近くに消防車と救急車が来て、騒然とした雰囲気に。
ハンドマイクで「ガス漏れなので火を使わないで」というアナウンスが繰り返しあるものの、どんな状況なのか分からず不安。

消防隊員さんが事務所にも顔を出してくれ、「今、大阪ガスさんが一生懸命やってくれているので」と説明してくれましたが、解決するまで結構時間がかかったようでした。

|

2008年1月24日 (木)

2割の中の2割

「働き方、生き方、稼ぎ方」という見出しにつられて買った、雑誌のPRESIDENT(2008.2.4号)。

その中に、「専門家の見抜き方」というタイトルで、公認会計士・税理士の先生が面白いことを書かれていました。

よく言われる「8対2」の法則ですが、資格試験ではその法則を2回潜り抜けないといけない。つまり、上位2割の、さらにその2割の中に入らないと合格できない、と書かれています。

100人のうちの上位2割で20人。
さらにその20人の中の2割で4人。
それでやっと合格率4%の試験に合格できる、と。

なるほどなぁ…と思いましたが、そこで止まってしまうと意味がないわけで、できればその先も考えたいもの。

その区分けは目には見えないものですが、4%の難関を潜り抜けた後にも、また8対2の境目があるはずです。さらに、その2割の中でも…と、どこまでいっても区切りが止まるものではないと思うのです。

|

2008年1月23日 (水)

生活に必要なお金

朝から1件予定を済ませて、10時には事務所に戻り着き。
来客も2件キャンセルになり、今年初めて落ち着いているかも?と思っていたら、夕方から電話が相次ぎ、いつも以上の混乱状態に。

今日あった相談から。
他の先生に頼んで過払いを取り戻してもらったけど、その他の債務が払えなくて、破産はできないか?と。

除外したカードの存在も申告して一緒に整理してもらうべきだった、ことはお伝えしましたが、過払い金はすでに無くなっているわけで、現実の問題を前にして、うーんと考え込んでいました。

過払い金は、一時的に戻ってきたお金。
それはそれで大事であることは間違いありませんが、生活していくのに本当に必要なお金は、毎月定期的に手にする収入である給料(もしくは自営収入)です。

|

2008年1月22日 (火)

自分の実力は・・・

日経平均はまた752円も落ちてしまいました。
こんな環境になると、素人が「自分だけいい結果を残す」、というのは難しいこと。

逆に考えると、「貯蓄から投資へ」の流れの中、今まで投資でいい成績を残せていたとしても、それは自分の判断が良かったり、知識が優れていたわけではなくて、ただ単に上向きの流れに乗っかっていただけ、なのかもしれません。

ビジネスの世界でも同じで、いい状況が自分の実力だと思っていたら、何かをきっかけに突然ひっくり返ってしまったり・・・。

そういうことが誰にでも起こりうることを、教えてくれているような気がします。

なので、大事なことは、いい時に何を考えて過ごすか・・・ですね。

|

2008年1月21日 (月)

一つ終わると

朝、玄関から何気なく目をやると、雪をかぶった生駒の山が。
室内外の温度差から、事務所の窓もくもっていました。

でも、事務所の中も、場所によっては隙間風で寒いです。

日経平均もマイナス535円。
ここまで落ちてしまうと、痛みの感じ方が弱くなってしまう・・・ことが分かります。

一つ終わると、また一つ二つと。

朝から何をしていたのか、よく分からないまま時間が過ぎてしまった一日でした。

|

2008年1月19日 (土)

探し物の行方

確定申告に使う控除証明がないないと探していて、「私、見てない」と言ってた経理担当がファイルにまとめてなおしこんでいる。

よくある話です。

しかし、探している最中、大事なはずの保険証券なんかがあちこちに・・・。
整理整頓できていないのは、余裕がない人の典型的な症状。

今まで自分でしていましたが、今年は個人の申告も税理士さんにお願いすることにしました。費用をお支払いしても、自分の時間を確保すること優先。

お任せするほうが安心なのと、専門家の目から見てもらうと、自分が考えもしない角度からアドバイスをいただけるので(このプラスアルファを期待していいかどうかは、税理士さんによって違うようですが)、お願いする価値は充分あると思っています。

|

2008年1月17日 (木)

企業の再生と共通すること

今朝、テレビを見ていると、ある企業の民事再生事件について、「再生というのは、経理的な再生だけをいうのではなくて、企業としてどういう理念を持ってやり直すのか?ということなんですよ」といったことを、出演者が発言していました。

理念って、口に出す出さないを問わず、その人、その経営者の中にあるものだと思います。

なので、一度間違ってしまった経営者が、違った考え方を掲げてやり直すというのは、簡単なことではないと思うのですが、これって個人の再生でも当てはまることだよなぁと感じました。

個人再生で、債務を圧縮して分割払いを認めてもらう、というのは、法律の力を借りればできることです(もちろん要件を満たさなければなりませんが)。

でも、それはそれとして、借金がかさんだ原因を考えて、家計に問題があるのなら改善しようという意思を持っていただかないと、その場しのぎで終わってしまうこともあると思うのです。

|

2008年1月16日 (水)

電気と頭の許容量

電気の増設工事をしてもらってから、何度かブレーカーが落ちていました。

朝、加湿器を付けて、電気ポットでお湯を沸騰させている時にコピー機が起動するとダメ、なことが分かったので気を付けていましたが、今日は普段沸騰させない時間に沸騰させて再びダウン。

限界を感じ、電気屋さんに別途工事を依頼です。

ふと、許容量を超えるとブチッといってしまうのは人の頭も同じ?と思ったのですが、電気のほうは工事をすると容量を増やすことができるそう。

人の頭も、許容量を超える情報を受け付けれなければいいのですが、一旦受け付けてしまうから、頭の中がグチャグチャになるんですね~。どうすれば容量を増やせるでしょうか・・・。

|

2008年1月15日 (火)

法改正の裏で

延滞無く払っていたのに、貸し出しを止められて・・・

でも、法律を作る側が、そんな仕組みに変えてしまったわけですね。

任意整理から除外して、ガソリンを入れるのに使っていたクレジットカードの利用を止められて・・・

たまたまなのかもしれませんが、更新時期ならまだしも、任意整理と同時に止められたという話を聞いたのははじめてかもしれません。

過払い金を取り戻したら景気が良くなる、といった話が書かれているのを見たりしますが、どうなんだろうなぁ??と個人的には思っています。

|

2008年1月14日 (月)

また明日から

3連休もあっという間に終わってしまいました。
スポーツジムに行く時間を作った以外は、ほとんどの時間を事務所で。

まあ、それはそれで、自分が好きでやっていることなのでいいのですが、家でゴロゴロしていても、遊びに出掛けていても、仕事をしていても、休みはすぐに終わってしまいます。

家でゴロゴロしていたい・・・と思いながらも、他のことをしているくらいのほうがいいのかもしれませんが。

さて、また明日から、お客さんと接しながら仕事をする日常です。

|

2008年1月12日 (土)

パソコンへの愛着

年末のトラブルで限界を感じ、新しいのを発注していたのですが、あわよくば使い続けようと思っていたパソコンもついにダウン。

新しいものと比べると性能はよくないので、もっと早目にあきらめるべきだったのでしようけど、開業の時から使っていたもので、何よりも愛着が。

文書データーのバックアップは取ってあったものの、辞書ツールに登録していた単語を控え忘れていました。

例えば、「と」と入力すれば「取締役」と変換してくれる辞書ツールを、かなり使っていたので、また一から登録していかないと。予備のパソコンでは仕事の効率ががた落ちです。

年明けから新しい登記の案件が相次ぎ。
今年最初に仕上げようと思って手をつけた仕事のファイルが、まだ机の端に残ったままの状態です。

|

2008年1月11日 (金)

手相から

毎年と同じく菅原神社に行き、縁起物を買って、同じ店で広島焼きを。

ついでに、手相を見てもらったのですが、「過去のことを表す左手よりも、これからのことを表す右手があまりにも強い。専門職には最高の手相」と。

「で、どんな仕事してるの?」と聞かれたので、「専門職です。司法書士です」と答えると、「ああやっぱり」と。

「一番になれる手相だから。現状には満足しないで、大阪で名を馳せるくらいになって」と言われ、その場を後にしました。お世辞混じりだと分かっていても、毎年こうやって調子に乗せてもらいに来るのも面白いのかも?

|

2008年1月10日 (木)

バタバタバタ

昨日は事務所でブログを書けず、家でパソコンを開いたのに書けず。
好きで続けていることなのに、もういいや、と思ったりして。
ブログを書けるかどうかは、時間があるかないかではなく、気持ちの問題なんだろうなぁと。

今日も、外出先から戻って10分後に来客。
事務所に戻ると、スタッフが「この件なんですが・・・」と報告に来てくれますが、「ゴメン、後で」。

来客後、わずかな空き時間に銀行に行くと、その間に次の来客。
来客済んで、次の約束に出掛けようとすると、「今どこですか?」とお客さんから電話。

そんなこんなで、落ち着いて机の前に座れたのは、朝の8時半までと、夕方の5時以降だけでした。

|

2008年1月 8日 (火)

2日目にして・・・

任意整理で支払いが滞った場合でも、一度受けた以上はと、依頼者に事務所から連絡を取るようにしています。

ただ、余程の信頼関係が継続できていなければ意思疎通は図れず、ただ代わりに催促するだけになってしまい、自分の立場に矛盾を感じたりします。

直接請求OKに関する文言を契約書に入れるように言われることもありますが、今日は大手の業者さんから、「そろそろ辞任してもらって、直接話しをさせてもらうほうがー」と言われ、そのほうが都合がいいのかなぁ・・・と。

それは別として、年明け2日目にして、仕事も積み重なり、やることも積み重なり。
「壊れてるねー」と、奥様に笑われる状態に陥っているのでした。

|

2008年1月 7日 (月)

支払利息の総額

休み明けなので軽く始動・・・といきたいところですが、お客さんからと、新規の相談申し込みの電話がたくさん鳴りました。

休みの間に残っていた着信は、1件を除いて、今日改めてお電話いただいたので、どなたか確認できてよかったです。

朝の5時前に着信が残っていたり、自動音声で休みを告知していたのに日を改めて同じ番号が残っていたりすると、誰??と逆に不安になったりします。

話は変わって、依頼者の希望もあり、本来の業務とは別に、借入と返済の合計額の集計を作っていたのを見ていました(最近、破産の場合は必ず作って、陳述書を作る時にお金の動きを確認してもらうようにしています)。

利息制限法より上の金利で貸している消費者金融よりも、15%で貸している銀行のカードローンのほうが、実質の支払利息の総額が大きいのを見ると(但し、元金が大きいのと取引期間が長いことが前提としてあります)、これは何を意味してるんだろう?と考えてしまいます。

|

2008年1月 6日 (日)

明日から現実に

長かった正月休みも終わりです。
9日間の休みのうち、5日も温泉に通ってしまったので、昼間もずっと眠い状態ですが、明日から現実に・・・。

新聞を見ていると、サブプライムの後遺症に、原油高、物価高、円高、株安と、経済の面では暗いことが書かれていますが、どんな年になるでしょうか。

思い返してみると、2年前には「景気回復」の文字が躍っていました。
「我々には関係ないことでは?」といったことを何度か書いていましたが、あっさりと流れが変わってしまうんですね。

でも、浮いたり沈んだりしながら、時が過ぎれば今が普通。
その繰り返しなんだと思います。

いずれにしても、毎日コツコツと仕事をして、前に進んでいくことにしましょう。

|

2008年1月 4日 (金)

債務整理の目的として

「足元を見て」という意味では、債務整理の分野で、もう一度「生活の再建」「家計の再生」という部分に立ち戻って考えなければならない時期なのではないか、と。

過払いの情報が広まって、「今まで知らなかったのに気付いて」というお話を聞くと、よかったなと思います。

それでも、まだ情報が行き届いていないのが現実だと思うのですが、あちこちで見かけるようになった広告の内容を見ていると、「行き過ぎてしまったよなぁ」と思うこともあります。

破産したらそれで解決、過払いを取り戻してそれで解決、なのではなくて、あくまでも最終的な目的は生活の再建。法的整理はその手段。

仕事としてやる事は同じとしても、プラスαどんな情報を流していけるのか?という部分を考える余裕を持ちたいと思います。

|

2008年1月 2日 (水)

今年の目標は・・・

新しい年を迎えて、今年の目標は・・・
特に浮かんでこないし、考える気もなかったりするのですが、
みんな体調を崩すことなく、トラブルに出くわすことなく、1年間楽しく仕事をできることが一番なのではないかと。

と言っても、望まない出来事に出くわすのも日常です。

今年は、事務所のメンバーが入れ替わる分余計に、何かを変えていくことよりも、土台となるべき部分を意識して固めていかないと、ばらばらになってしまうかもしれない、という不安があります。

なので、成長を目指すことよりも、学ぶべきことを学んで、常に足元を見ながら進んでいければと考えています。

その結果、よく働いたな、いい1年だったなと、振り返ることのできる年にできれば。
それが理想です。

|

2008年1月 1日 (火)

新年

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

今日は、初詣に行って、祖母の家でご馳走をいただいて、夕方はスーパー銭湯に行って、マッサージにも。

元旦から銭湯に行くのは予定していませんでしたが、仕事のことを気にすることなく、何かをしなきゃと考える必要もなく、思いのままに時間を使えるのは幸せなことですね~。銭湯は人がいっぱいで、そういう楽しみ方をする人も多いんだなぁ、と。

あとは家でゴロゴロして、テレビを見て過ごす元旦でした。

|

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »